2017年12月13日 (水)

加古川・「エデン」

DSC_1328

かつめしのエデン

 

加古川駅で妹が「かつめし」のパンフレットを見て、ランチはこれね、という。加古川の「かつめし」は、戦後に始まりだんだん名物となり、今は町の代表的な「食」になっているらしい。加古川は初めてなので、駅の案内所で、「かつめしレストラン」を聞く。駅から近いところにどこか?と聞くと「エデン」という老舗店を教えてくれた。数分歩いて目的の店を見つけたが、店は熱海にあるようなレトロな外観で、店内も同様。1時を過ぎているのに店はいっぱいで、ウエイトレスがひとりで忙しそうに走り回っている。カウンターのなかではふたり(私たちより少し若いくらい)の女性が、これまた忙しく立ち働いている。私たちは名物のカツレツの上にドミグラスソースがかかった「かつめし」と、同じようにドミグラスソースのかかった「ハンバーグスパゲティー」を注文して、白ワインを1杯ずつ飲んだ。いつもは昼酒はやらないことにしているのだが、今日は「石の宝殿」も見たし……(だから何だというのか、訳が分からないが)。ワインはなみなみとつがれ、まったく気分が良い。東京みたいにワイングラスの3分の1しか注いでくれないなんてことはない。私たちはワインを飲みながら、ゆっくりとたくさん食べて店を出た。私たちが最後の客だったらしく、出口でお金を払う時には、忙しく立ち働いていたウエイトレスが、すみっこで「かつめし」を食べているのが見えた。みなてきぱきとよく働くお店、という好ましい印象。「このお店は女性ばかりでやっていらっしゃるんですね、ごきょうだいですか」というと、「私と彼女は同級生なんですよ」とカウンターのなかにいた女性を見ながらいった。料金も安くて満足。親の代に始めた店を、娘さんが継いでいるのかしら……。加古川からJRで三ノ宮に、そして私鉄に乗り換えて新神戸へ。新神戸から新幹線で帰京した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

石の宝殿

DSC_1310

 

11月に父の23回忌で神戸へ墓参に行った。有馬温泉に一泊した後、念願の「石の宝殿」を見に行く。妹が一緒に行ってくれるというので、三ノ宮でJRに乗り換えて宝殿駅へ向かう。「石の宝殿」とは「生石(おうしこ)神社」にある不思議な巨石だ。ここは古くから「鎮の石室(しずのいわや)」として風土記や万葉集にも見られ、松本清張の長編小説『火の路』にも登場する。
駅からタクシーで生石神社へ。駐車場で降りて神社に入って行くと、鳥居の下で、七五三の晴れ着を着た子どもたちや正装した大人たちとすれ違った。石段を登ると拝殿があり、拝殿の奥に巨大な岩が……神社のご神体だ。三方を切り立った岩の壁で囲まれ、水が溜まった側溝のようなものの上に巨石が鎮座している。岩には浅い切り込みが見られ、人工的に削り取られた部分が富士山のような形をしている。形や大きさなどが奈良の「益田岩船」に似ているとして、清張は『火の路』のなかで、明らかに未完成のこの二つの巨石「両者は偶然に完成にいたらなかったのではなく、必然的な同じ理由で、同時に完成が放棄されたのであろう」、そして「石の宝殿も益田岩船の近くに置かれるべく造られていたという可能性を否定できない」と、主人公の論文を借りて記している。
宝殿の周囲にそびえる岩の上へ登り、上から巨石を見下ろす。樹木が茂り石の破片が積もっている。目を上げれば遠く播磨灘が銀色に光り、瀬戸内の穏やかな風景が広がる。しかしながら、この山はどうやら採石場らしい。岩を削り取った後が生々しく露出している。……それにしても、妹はなかなか上がってこない。やっと登ってきた妹は「いつも歩くのがいやですぐにタクシーに乗るのに、こういう時だけはものすごく元気なのね」などという。確かにそれはいつもいわれることだ。遺跡に立つと神がかりのようにエネルギーが湧いてくる。
神社には古い石段があった。そこはあまりに急なので、近年になって登りやすいように駐車場の脇に登り口を作ったのだろう。私たちは駐車場から入ってきたのだが、古い石段は何とも趣があり、私たちも下りてみようということになった。手すりにつかまりながらそろそろと降り始めたが、下を見ると救急車が停まっているようだ。どうしたのだろうと思っていると、担架に乗せられた高齢の男性が救急隊員に付き添われて、額から血を流しながら車に運び入れられるのが見えた。多分、石段から落ちたのだろう。救急隊員の「奥さん、…」という声が聞こえたので夫婦で降りていたのかもしれない。救急車は出ていき、私たちもやっと下まで降りた。宝殿駅には昼食をとるところも見当たらなかったので、加古川駅まで行くことにしてタクシーを呼んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

学級日誌

PC010022

 

先日、6年ぶりに中学時代のクラス会があった。いつも会っている親しい友人、また6年ぶりの人もいたし10年も20年も会っていなかった人もいた。そのなかのひとりが当時の学級日誌を持ってきた。担任の先生は国語の教師だったので、ひとりひとりに文章を書かせ、ひとりひとりに丁寧に感想を書いてくださっている。先生はずいぶん前に鬼籍に入っている。
回覧された学級日誌を開くと、それぞれ幼い文章だが中学生らしい純な気持ちが伝わってくる。私の書いたものといえば、まるで記憶になかったのだが驚くべきことに、「私は作家になろうと思ったことがある」などと記している。漫画家の庄司陽子も同じクラスだが、漫画家になる、とは一言も書いていない。でも、彼女は中学時代から「私は漫画家になる」と語ってはいた。それにしても昔の中学生は今と違う。今の中学生より大人なのか幼いのか良くわからないが、「嗜好」がまるで違うことは確かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

病院で

DSC_3341

 

朝8時半に家を出て、大森の病院に向かう。ここ10年、貧血の治療のため定期的に通っている。病院に着いて受付をし、血液検査のための採血をしたが、照明のせいか、私の血が何だか妙に黒っぽいと感じて、思わず看護師さんに「人間の血の色って人によって違うのですね」などと、この1週間ひどい風邪が治らずにいるから聞き取りにくいだろうなぁ、と思われる声で訪ねたのだが、看護師さんはぎょっとしたように私を見て、「さぁ」といって目を逸らしたきり何も言わなかった。確かにそんなことを聞く患者はめったにいないだろう。かなり不気味である。『カーミラ』を翻訳しました、などといったら、2歩も3歩もひかれてしまうだろうなぁ。いつもの主治医に会い、診察を受け、会計で待たされ……やっと私の会計番号が掲示されたので、すぐに機械のところに行ってお金を払おうとしたが、どこかおかしい。あら、これは診察受付の機械よ、いやだ、また受付しちゃった、とうろたえ、受付窓口の人に誤って取り消してもらった。4300円ばかり払って病院を出て、薬を買って帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

小豆島『二十四の瞳』・岬の分教場

DSC_0904

 

中山千枚田、そして農村歌舞伎舞台をみて、小説『二十四の瞳』やその映画の舞台となった「岬の分教場」に行く。分教場は明治35年に田浦尋常小学校として作られた。昭和46年に廃校。校舎に入ってみれば、何と、私が小学校に入学した時に座ったものと同じ、ふたり掛けの素朴な木の机と椅子が並んでいて、黒板の横には当時のオルガンも置いてあった。60年前の懐かしい教室の風景だ。
壼井栄の『二十四の瞳』を何十年ぶりかで再読した。大石先生と12人の子どもたちが主人公。次第に激しさを増して行く戦争。大石先生も結婚して3人の子どもに恵まれるが夫は戦死し末の子どもを亡くす。男の子たちは戦地へ行き、5人のうち還ったものは2人、そのうちのひとりは失明していた。女の子たちの運命も過酷で、戦争と貧困に打ちのめされたような短い人生だった子どももいる。小説『二十四の瞳』には愛と思想がある。壼井栄は54歳の時『二十四の瞳』で一躍有名になり、57歳で没した。
映画村で「壼井栄文学館」をみて、そこで記念に『二十四の瞳』の文庫本を買い、昼食をとって寒霞渓、そして西光寺へ。西光寺に、私が大学生の頃から興味を持ち続けている「隠れキリシタン」の墓があり、小豆島にも渡っていたのだ、と感慨無量だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

小豆島「江洞窟」の庵主

DSC_0851

フェリーで小豆島へ向かった。雨は止んだが天気は悪い。スペインから持ってきたという1000年オリーブの木を見たあと、巡礼の60番札所、弁財天を祀る「江洞窟」へ向かう。
庵主は97歳の宮城英徹氏。彼は長野県旧制松本高等学校卒。戦後、得意の英語を活かしてGHQに勤務。その後、商社員となってイラクに滞在、80歳を過ぎてから、高野山大学、大学院修士課程で仏教(真言宗)を学び御仏に入門したという。修士論文も立派なものだ。生涯独身で、今も信じられないくらいお元気。いったいどんな人生をおくってきたのだろう、そしてなぜ80歳を過ぎて仏門に入ろうなどと思ったのだろう。戦中戦後の日本で、またイラクで何を見て何を思ったのか……詳しい話を伺うことはできなかったけれど、このような方もあるのだと深く感じ入った。
その後、エンジェルロードと名付けられた砂洲へ。アガサ・クリスティーの『白昼の悪魔』の舞台となったイギリスのバー島やセントジョージ島、有名なフランスのモン・サン・ミッシェルのような感じで、干潮のときは地続きになり歩いて渡れるが、満潮になると渡れないという……イギリスやフランスのものに比べれば規模は非常に小さいが美しい場所だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

倉敷「エル・グレコ」で思うこと

DSC_0822

いつもの仲間5人で倉敷と小豆島に行った。倉敷に着いた日は、町を歩いて舟に乗り、古い土蔵を改装したレストランで食事をした。翌朝は、大原美術館を見たあと喫茶店「エル・グレコ」に入る。大きなガラス窓から色づき始めた蔦が風に揺れているのが見える。レトロな椅子に座って友人たちとコーヒーを飲みながら、ふと父のことを思い出した。
倉敷は亡き父と歩いたことがある。父とふたりで旅行ともいえない旅行をしたのはそれ一度きり。どこのホテルに泊まったのか記憶にないが、この「エル・グレコ」で父がコーヒーとチーズケーキを注文してくれたことはよく覚えている。当時、私はまだ大学生で卒論の資料を集めるため、大学で募集された韓国旅行に友人と一緒に申し込み、関釜フェリーに乗るために下関へ向かうことになっていた。同じ日に父は福山へ出張だった。「それなら1日早く出て、倉敷でも案内してやろうか」と父が言ったのだ。行きの新幹線のなかで会社の人に偶然出会った。父が「私の娘です」と紹介すると、その人は「まぁまぁ良いですから」と、父の顔もまともに見ないで立ち去ってしまった。父は「なんだ、いったい何を考えているんだろう」と少し不愉快そうに言いながら、どこか嬉しそうだった。
翌朝父と別れ、私は下関の集合場所で友人と落ち合い、色々な大学から集まってきた学生たちに混じって夜行のフェリーに乗り込んだ。夕食後、友人とふたりでフェリーのなかの喫茶室に座ってお茶を飲んでいたら、ちょっと格好の良い、いかにも商用で出かけるといった感じで忙しそうにそわそわと室内を見回していた若い男(といっても30歳は過ぎていただろう)が近づいてきて、「君たちは大学生ですか」と話しかけてきた。どこから来たのか、どこの大学か、なぜこのフェリーの乗ったのか、などと聞いた後、明日、自由時間はあるのか、もしあるのならソウル大学の男子学生を紹介するから会ってみないか、とても頭の良い気さくな学生たちだから是非紹介したい、タクシーに乗ってくれば良い、と言い一枚のメモを渡した。私たちは20歳を少し過ぎたばかり、その男の言葉を全面的に信じ、疑うことなど思いもしなかった。翌日、指定された時間がもし自由時間だったら、彼女と二人でその場所へ行っていたかもしれない。そうしたらどうなっていただろう。犯罪に巻き込まれて被害者になっていたかもしれない。ずっと後になって、ある人にこの話をしたら、えぇーと驚かれてしまい、「何を呑気なこと言っているの。北朝鮮に拉致されるところだったんじゃないの?」と言われた。そうかもしれない、確かにそうかもしれない、まさしくそんな時期だった!その時はそう思ってぞっとしたが、今は、考えても分からないことを考えても仕方がない、と思っている。あまりにも遠い昔のこと……父を思い出しながらコーヒーを飲んでいたら、とんでもない方向に記憶が流れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

七五三

DSC_1098

写真は高折先生から頂いたマスコット人形

 

先週末は、孫の7歳のお祝いだった。孫は60年前の私の晴れ着を着た。それは私の7歳のお祝いに祖父が買ってくれたものだ。記念撮影をして孫のいう「かしこみ」を済まして近くの料理屋へ行き、皆でお祝いの膳を囲んだ。料理屋に入って行くと、玄関ですれ違った中年のご夫婦が「なんて可愛いんでしょう!」といってくれた。食事が終わり、商店街を歩いていると、すれ違う見知らぬ人たちが「おめでとうございます」とか「可愛いですね」といいながら立ち止まってくれる。孫もにこにこしてやっぱり嬉しいのだろう。気持ちの良い秋晴れの1日だった。60年前の私の七五三の日は、神社の帰りに高折宮次先生のお宅に母に連れられてご挨拶に行った。私にとって「猫に小判」だったピアノの大先生。奥さまの道子先生が「おめでとうございます」といってとてもモダンなマスコット人形をくださった。古くなって汚れてしまったけれど、今でも持っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

細川順三・音楽講演会

DSC_1028

*芸術の秋*音楽講演会*

**午後のひと時を細川順三氏とともに**

 

11月11日(土曜日)13時30分~15時、NPO法人馬込文士村継承会の特別講座に、NHK交響楽団のフルート奏者として活躍された細川順三氏をお招きして、お話を伺うことになった。場所は大田文化の森。

細川さんは東京芸術大学在学中、第40回日本音楽コンクールで第2位に入賞。大学卒業後、札幌交響楽団の首席奏者となり、その後、文化庁在外研究員としてバーゼル市立音楽院に留学。1987年から2009年までNHK交響楽団に在籍した。内外で賞を受けソリストとしても活躍。フェリス女学院大学教授、東京芸術大学非常勤講師、日本フルート協会常任理事などを歴任。CDに『Morgen』、書籍に『絶対!うまくなる フルート100のコツ』がある。

***************************

音楽が、フルートがお好きだという方は、身近でお話が聞ける良い機会だと思います。細川さんは私の高校時代のオーケストラの先輩。お話もとっても上手な方です。ご参考までに、2015年5月27日の私のブログです。

http://natty8.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-febd.html

***************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

雨上がりの夕方

DSC_6892

このところ体調が悪く、家に籠っていたが、孫に渡すものを頼まれて最寄りの駅まで行かなくてはならなくなったので、思い切って出かけた。数日前の夕方のことだ。一日中降り続いた雨がやっと上がり、濡れた舗道をゆく私の足音がぴちゃぴちゃと聞こえる。まるで川から上がってきた河童みたい…靴が重いなぁ。まだ7時だというのに何て真っ暗なんだろう。まだ少し頭痛がする…。それでも孫に会ったら夕飯にうどんぐらい奢ってやろうか、いやいやけちくさい、うなぎにしようか、などと考えながら駅へ向かう。
10分ほど待たされてから現れた孫は、荷物を受け取るとさっさと帰ってしまった。友だちと一緒だったから仕方がないが、荷物を渡すと、「わかった、ありがとう」といったきり。私が、重いから気を付けて、とか、帰り道は暗いから注意して、などというのにただ愛想笑いして、それきり…。まぁ、男の子なんてそんなものだったかもしれない。
私は仕方なくぶらぶら歩いてスーパーで梨を買って帰宅した。梨はひとつ320円。よく考えてみると、とっても高価だ。私が子どもの頃は300円で大きなスイカが買えたのだが、世の中はすっかり変わった…でもそれは当たり前、スイカが丸ごと300円だなんて、もう半世紀以上も前のことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«太宰治の生家『斜陽館』