« 敬老の日にちなみ招待される | トップページ | 憧れの宮川ひろに会った »

2008年9月18日 (木)

ジェロ

CDは平均して6年に1枚くらいしか買わない。今年、ジェロの「カバーズ」を買った。演歌というのは古賀政男が礎を築いた、古賀は韓国の人、だから演歌はもともと朝鮮半島のメロディーなのだ、という説をどこかで読んだことがある。

しかし私が演歌に惹かれるのは、どちらかというとメロディーではなく歌詞のほうだ。

「投げて届かぬ想いの糸が、胸にからんで涙をしぼる」、とか

「眠るおまえの目じりに涙、おれの旅路の終着駅か、そんな気がして寝返りうてば、闇に夜汽車のふえがなる」、とか。何故なのだろうか……すごく良い。

テレビはまったく見ないが、朝から昼過ぎまでFMラジオを聞いている。毎日、午前中のクラシック音楽番組が終わると、昼近くからは歌謡曲を流す。

そのなかで抜群に良い声で抜群に上手な演歌歌手がいた。ジェロという名。おかしな名前だが、今は演歌歌手だってそんな名前もありだろう、などと思いながら聞きほれていた。ジェロがアメリカから来た黒人歌手だと知った時は心底仰天した。

銀座のヤマノでCDを買い、それから毎日聞いた。聞きすぎて今は少し飽きたが、秋も深くなったらまた聞くだろう。「本牧で死んだ子はカモメになったよ・・・」というのが、特別良い。

|

« 敬老の日にちなみ招待される | トップページ | 憧れの宮川ひろに会った »

CD」カテゴリの記事

コメント

最近年齢のせいか(笑)時間の使い方が下手になって、家でゆっくり音楽を聴くことがなかなかできなくて・・もっぱら車の中でかけています。ジェロの声は初めから気になっていました。高速を走りながらジェロを聞き、徳永英明を聞き、小掠佳を聞き、こっそりとスマップなんかも聞いています。ジェロは低音がいいという先入観があったのですが、じつは高音がきれいですね。響きの良い高音、といったらおかしいかな。たしかに、昔の歌謡曲は歌詞が穏やかで叙情的。車の中で、いつのまにか一人カラオケをしています。そういえば、「本牧で死んだ子は鴎になったよ・・」は最初は誰が歌ったんでしたっけ・・

投稿: kaz | 2008年9月21日 (日) 10時00分

Kazさま
コメント有難うございました。こっそりスマップ聞いてるなんて知らなかった!演歌の好きなおばさんよりもっと珍しいんじゃない?でしょうか。「本牧……」は誰だったんでしょうね…。

投稿: | 2008年9月21日 (日) 10時15分

五木浩だったでしょうか・・あら、字が違うかな。歌舞伎座にいくのが私の唯一の贅沢ですが、じつはスマップのコンサートにも行くのです、体調整えて。

投稿: kaz | 2008年9月21日 (日) 10時26分

「本牧・・・」懐かしい! ゴールデン・カップスの「本牧ブルース」はときどき思い出していましたが。こちらは??? ウェブで検索してみました。鹿内孝なのですね。

投稿: tam-tam | 2008年9月21日 (日) 11時42分

Kazさま
我々は同年代、だからこそ「五木浩」、正当な間違いのように思えます。
確かにスマップは体調が悪いとキツイと思う…。

tamtamさま
鹿内孝、そのようですね。
今の若い人は知らなくて当然ですが、昔は有名でした…。

投稿: | 2008年9月21日 (日) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェロ:

« 敬老の日にちなみ招待される | トップページ | 憧れの宮川ひろに会った »