« 散歩 | トップページ | トマト »

2010年4月22日 (木)

キバタン

写真は昨日のクッカトゥー(キバタン)

クッカトゥー(日本ではキバタンと呼ばれる)といえばオーストラリアだ。ユウカリの森の彼方からギャーギャーと鳴き声が近づいてきて見る見るうちに大きな羽ばたきが空を覆うと、一羽、また一羽とベランダの石の手すりの上に真っ白なクッカトゥーが下りてくる。
私はシドニーの家で、毎日それを眺めては楽しんでいたが、その群れのなかに片目の鳥が一羽いた。いつも一番高いところに止まって仲間をじっと見下ろしていてめったに私のそばにも寄って来ない。私は秘かに彼をジョージと呼んでいた。なんでジョージなのかわからないが何となくジョージっぽい感じがした。日本でいう太郎みたいなものかもしれない。鳥はほとんどが番いで来る。どんな鳥もだ。(因みに雄と雌は眼の色が違うというが、私にはどう見ても同じに見えた)でもジョージだけはいつもたった一人だった。ジョージの半生に何があったのだろう。縄張り争いで目をやられたのだろうか。それとも事故か、女の仇打ちにあった?そんなことはないだろうな…。私はジョージを見つめながらいつも様々な想像で頭をいっぱいにしていた。日本の町で飼われている「まりこ嬢」を見ながら、ふとジョージを思い出していた昨日の散歩だった。それにしても、今日は昨日と打って変って、冷たい雨が降り続いた。なんて寒いんだろう。

|

« 散歩 | トップページ | トマト »

動物・鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/48155049

この記事へのトラックバック一覧です: キバタン:

« 散歩 | トップページ | トマト »