« トウモロコシ | トップページ | 黒猫 »

2010年6月17日 (木)

不思議な梅の木

 今年も梅の季節になった。母の家の狭庭に梅の木がある。毎年、梅雨の晴れ間に私も妹もかりだされて実を採るのだが、けっこう大きな木にたくさん成っているので大変だ。脚立を持ってきてそれでも届かない時は、はしごに上ったり…。梅酒にしたり梅干しにしたりしてもまだ余ってしまう。一昨年はとうとう母が、梅の木の幹を軽く叩きながら、「もうあと2、3年はお休みしていいわよ」といったものだ。そのせいかどうか、梅は急に実をつけなくなって、去年も今年も一粒も成っていない。
 以前、知人が同じような話をしていた。庭の梅に毎年たくさん実が成って始末に困ってしまったので、梅の木に向かって「来年は一粒もいらないわ」といったら、次の年、本当に一粒も成らなかったそうだ。樹木は何でもわかっているのかもしれない、不思議なことだ。

|

« トウモロコシ | トップページ | 黒猫 »

不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な梅の木:

« トウモロコシ | トップページ | 黒猫 »