« 黒猫 | トップページ | 『螺旋』サンティアゴ・バハレス »

2010年6月21日 (月)

時しらずが美味しい

 「魚を食べる会」に3回目の参加。今回は時しらず。時しらずは季節外れの5月から7月にかけて北海道で獲れる若い鮭のこと。午前中に、グルメ漫画『築地魚河岸三代目』のモデル小川さんや『築地王』小関さんの案内で、私を含めて7人ほど、築地の場内、場外を見てまわる。30年以上前、特別の許可をもらって、素人には絶対に入れないといわれていた場内市場に入れてもらったことがあるが、今は誰でも入ることができる。
 時しらずのコース料理は本当に美味しかった。何もかも美味しかったが、特にルイベにしたお刺身(写真)は絶品だった。ところでルイベというのは「凍らせて食べる」という意味のアイヌ語だそうだ。

|

« 黒猫 | トップページ | 『螺旋』サンティアゴ・バハレス »

レストラン・料理店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時しらずが美味しい:

« 黒猫 | トップページ | 『螺旋』サンティアゴ・バハレス »