« 元気を出さなければ… | トップページ | 『たのしい川べ』ケネス・グレアム »

2011年4月19日 (火)

馬込木版画会展

 友人のKさんは版画をはじめて3年になる。彼女の所属する馬込木版画会の展覧会に、BさんとMさんと3人で出かけた。蒲田にある大田区民ホール「アプリコ」が会場。「アプリコ」は松竹蒲田撮影所跡地に建てられている。1920年に開所し大船に移転する1936年までの16年間、この地で1200本以上の映画がつくられた。
 版画展の会場は地下。白い壁に50点以上の作品が並んでいる。派手な飾り付けや宣伝もない展覧会だが、作品はどれも素晴らしかった。本当にこれが趣味の会なの、と思ってしまうほど。Kさんの作品「アネモネ」は淡い紫色のアネモネの花が上品に表現されていた。彼女はほとんど私と同年代なのに版画会のなかで最も若く、「姫」などと呼ばれている。可愛らしい笑顔で接客している彼女を遠くから眺める。心なしか若返っているような…とても楽しそうだった。

|

« 元気を出さなければ… | トップページ | 『たのしい川べ』ケネス・グレアム »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬込木版画会展:

« 元気を出さなければ… | トップページ | 『たのしい川べ』ケネス・グレアム »