« 原発事故 | トップページ | Noblesse Oblige »

2011年5月28日 (土)

『Yo Yo Ma ・ Soul of the Tango』

 誰もいない土曜日の朝、雨が降っている。幽かな雨音と流れるタンゴ…。このCDを聞くと、あの頃の私が蘇る。
 私にも人にはなかなか理解してもらえない辛い時期があった。来し方も行く末も見えない。地の果てを汽車に揺られながらどこかへ運ばれていくような気持ちだった。窓の外は茫漠とした曠野。垂れこめる灰色の雲、遠く見え隠れする名もない山脈。絶望に打ちのめされ底知れない不安と戦いながら、涙にさえも見放されて、ただじっと座席の揺れに身を任せていた。
 そんなとき、なにげなく手に取った一枚のCD『Yo Yo Ma ・ Soul of the Tango』。このCDを私はいったい何回聞いただろう。繰り返し繰り返し何日も何日も…。聞きながら私は花の絵ばかり描いていた。こんな気持ちになることは誰の人生にも何回かはあるのだろう。
 古い友人Y子さんから久しぶりの電話。今回の震災で本当に多くの人々が傷ついた。それぞれの心配、それぞれの焦り、それぞれの困難…、私には祈ることしかできないけれど、Y子さん、元気を出してね。私よりもずっと若いのだもの…、時間が少しずつ解決してくれる、きっと良い方法が見つかる…そんな気がします。


|

« 原発事故 | トップページ | Noblesse Oblige »

CD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Yo Yo Ma ・ Soul of the Tango』:

« 原発事故 | トップページ | Noblesse Oblige »