« 一人きりのクリスマス | トップページ | 『マッチ売りの少女』・アンデルセン »

2011年12月27日 (火)

ヴィクトリアン・レディーの紅茶セット

 ハート形のポットと砂糖壺とミルク入れは10年ほど前に、カップ&ソーサーはその後、数年して手に入れた。同時期に作られたものではないと思うので、図柄も違っている。
 ハート形の方は家を背景にベンチに腰掛けている図柄で、裏を返せばWERSTER1867・MADE IN ENGLANDとある。カップ&ソーサーの方は手に花籠を持って庭園の中を逍遥している図柄でROYAL HARVEY・STAFFORDSHIRE・ENGLANDとある。双方ともヴィクトリアン・レディーは手描きではないが新しいものではない。
 周囲に描かれた金色の線描きはハート形の方が手描きで片方が印刷だ。ともに当時流行した東洋趣味で、桜がちりばめられている。カップ&ソーサーには同じ図柄で少し形がずんぐりしていて、金の線描きのないものがある。それはFINE BONE CHINA・MADE IN ENGLANDとだけあって、製造会社の名前は記されていない。金の線描きのあるものが古く、ないものはコピーかもしれない。

|

« 一人きりのクリスマス | トップページ | 『マッチ売りの少女』・アンデルセン »

ヴィクトリアン・レディー・刺繍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアン・レディーの紅茶セット:

« 一人きりのクリスマス | トップページ | 『マッチ売りの少女』・アンデルセン »