« シドニー・3・マンリー | トップページ | 下北半島の日本猿 »

2012年5月 4日 (金)

シドニー・4.コアラ

 今回はタロンガ動物園、フェザデール動物園、ワイルドライフ、と動物園巡りの旅行だった。子どもたちは大喜び、私も動物園が好きなので楽しんだ。子どもにとって、コアラはどうしても見なければならない動物のひとつだ(兄の方はなぜかコアラよりワニが気に入ったようだったが)。
 シドニーに住んでいた頃はどんな動物園でもコアラを抱くことができた。現在はニュー・サウス・ウェールズ州ではコアラを抱くことが禁じられている。そっとなら触っても良いよ、と飼育係のお兄さんにいわれて、子どもも大人もおそるおそる手を伸ばす。固くてごわごわして、体温で温められているせいか湿った感じ…そうだったなぁ。
 私はたった一度だけ野性のコアラを見たことがある。ケアンズの南にあるアボリジニの遺跡にいったときのことだ。遺跡は周囲に溝のある円形の祭祀場のあとで、数千年前からつい最近(20年ほど前)まで使われ、村人の心の拠り所だった。アボリジニの男性がふたりで案内して説明してくれた。シドニーから電話をしてガイドを頼んでおいたのだ。説明をしているとき、ひとりがふと木を見上げて、コアラがいる、といった。高いユウカリの木の上に野性のコアラが眠っていた。ふたりは、コアラを落とそうとするのか眠っているのを起こそうとするのか、もしかしたら私たちに見せようとしてくれたのかもしれないが…木を揺すったり下から木切れを投げたりした。私はいいからそっと眠らせておいてほしいと思ったものだ。
 もともとオーストラリアのどこにでもいた野性のコアラは、今は全くいないらしい。アボリジニの遺跡も興味深かったが、野性のコアラを見たことも貴重な体験だった。

|

« シドニー・3・マンリー | トップページ | 下北半島の日本猿 »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

2 月18日から26日までシドニーに行きました。毎日のようにハイドパークを散歩しました。落ち葉を集めてはせっせと本に挟んで押し葉にしたものです。その一枚を手紙などに入れると喜ばれました。フイグツリーの巨大さに見とれ、パイプバーという皮がボロボロにはがれた木にポセムが住んでいたのも感動でした。美しい街ですよね。生活費はかなり高そうですが・・・娘がポタニカルガーデンで挙式したんですよ。

投稿: 高岡啓次郎 | 2012年5月 5日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/54628765

この記事へのトラックバック一覧です: シドニー・4.コアラ:

« シドニー・3・マンリー | トップページ | 下北半島の日本猿 »