« 雨男 | トップページ | バーン=ジョーンズ »

2012年7月16日 (月)

日本とドイツのエネルギーイノベーションとグリーン成長

 今日は、東京の代々木を中心に大規模な原発反対デモがおこなわれている。私の周囲の人たち(友人、知人)は数人を除いてことごとく原発はやめるべきだという意見だ。私としても、一瞬にして先祖代々の土地を奪われてしまった福島の人々のことを思えば、平気で今まで通り原発が必要、などという人々の心を疑ってしまう。それになぜか反対派より賛成派が、感情的で作為的なのも気になる。
 先日、某企業のシンポジウムに参加した。原発やCO2問題に関して、企業は(ビジネスとして)どう考えているのか知りたいと思ったからだ。
 駅前のイタリアンでひとりランチをして東京国際フォーラムへ。
「日本とドイツのエネルギーイノベーション(技術革新)とグリーン成長」と題したシンポジウム。
まず、「再生可能エネルギー買取法」を成立させた菅元総理の講演。「自分は震災前までの考えを改めて、原発には反対だととなえてきた。そうはいってもなかなかやめられないのだから、原子力エネルギーだけを切り離して国有化し、徐々にやめる方向に持って行くのが良いのではないか、そして本当に必要なのかを良く考えるべきだ」という言葉が印象的だった。
 その後、日本人とドイツ人、4人ほどの講演があり、どれも興味深いものだった。ドイツの講演者は「ドイツではフランスから電気(原発の)を買っているだけと思われているようだが、我々も電気を売っているんです」とのこと。ようするに無駄さえなくせば、原発がなくてもエネルギーは余り、それを売ることができるのだ。
 日本の講演者は、「まずは政治改革が必要ではないか。明治時代からの中央まかせの政治をやめて地方政治、地域政治の連携のようなしくみを作るべきだ。中央集中的なシステムには無駄が多く、日本はひどい時には40パーセント以上の無駄(捨てている)が出ている」と。
また、ドイツで20年前に作られたスマートシティーの話もあった。日本でも始まっている。
 日本では原発が日本の経済発展に不可欠のように報道されるが、本当のところ、原発は日本の近代化の妨げになっているという気がした。

|

« 雨男 | トップページ | バーン=ジョーンズ »

考えなければ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本とドイツのエネルギーイノベーションとグリーン成長:

« 雨男 | トップページ | バーン=ジョーンズ »