« 『潮来花嫁さん』と伊能忠敬 | トップページ | 金魚・その後 »

2012年9月28日 (金)

金魚

 今月半ば、お祭りだというので、孫と一緒に近所の神社に行って金魚すくいをした。「まかせなさい」と腕まくりしたものの一尾も取れなくて、孫たちの尊敬を集めることはできなかったが、金魚屋さんが2尾、白いのと赤いのを小さなビニール袋に入れて持たせてくれた。白い方は孫が持って行ってしまったが、赤い方は金魚鉢に入れてサイドテーブルの上に置いた。孫に教わったように、朝と晩にえさをやる。そのうちに何だか情が移って可愛くなってきた。妹が「まさか、おばさま、なんて金魚が囁いたりしないでしょうね」というので、「いくらなんでも、室生犀星じゃあるまいし」などと応えていた。
 このところ夏の疲れが出たのか、なかなか体調が元に戻らない。昨日もソファーでうとうとと午睡していたら、白い金魚がどこからかふわふわ飛んできた。私の回りを蝶々みたいに飛び回り、サイドテーブルの上に置かれた金魚鉢のなかにすーっと降りて行ったところで目が覚めた。きっと赤い金魚に会いに来たのだと思って、急いで金魚鉢をのぞいたが、やっぱり赤い金魚しかいなかった。

|

« 『潮来花嫁さん』と伊能忠敬 | トップページ | 金魚・その後 »

不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚:

« 『潮来花嫁さん』と伊能忠敬 | トップページ | 金魚・その後 »