« 金魚 その3 | トップページ | 仙石原のすすき »

2013年9月14日 (土)

金魚 その4


写真は横腹に白が混じった金魚


今年も孫たちと一緒にお祭りに行った。去年と同じ場所に店を出している「金魚すくい」で今年は孫たちが挑戦。でも残念ながら失敗。店は小学生の男の子が手伝っていて、「ほら、はやく600円貰って」などと母親らしき人にいわれている。金魚は細長い箱のなかでうろうろと逃げ回っている。黒い出目金や尻尾の長いぶちの和金、まったく普通の赤い金魚などさまざまだが、よく見ると、どこか欠点のある金魚ばかり。きっと美しい金魚は金魚屋さんに買われ、商売にならないものは大きな魚の餌にされるか、捨てられてしまうか、またはこうしてお祭りの露店で細長い箱のなかで追いまわされる運命にあるのだろう。子どもたちがもらった金魚もあまり美しいとはいえないぶちと、一見鮮やかな朱色だが、横腹に白い痣がある2尾だった。結局、私が預かることになり家に持ち帰る。まずは、それぞれ別のバケツに入れて様子を見ることにする。どちらかに病気があるとうつってしまうかもしれないからだ。餌を撒いても、最初は2尾ともまったく食べなかった。食べ方を知らないのかしら…と思う。そのうちぶちの金魚が狂ったようにジャンプし始めた。バケツから飛び出したら死んでしまうので覆いをする。翌日は水底にじっとしていて眠っているようだった。5日ほどすると2尾とも落ち着いたので金魚鉢に移した。

|

« 金魚 その3 | トップページ | 仙石原のすすき »

不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚 その4:

« 金魚 その3 | トップページ | 仙石原のすすき »