« 伊豆・大仁の『女塚』 | トップページ | バレエ »

2015年6月29日 (月)

ウィンブルドンのテニス

DSCN0028

 

ウィンブルドンのテニス大会は6月の最終月曜日から始まる。もう10年以上前のことだが前週祭に一度だけ行ったことがある。イギリスでは珍しいほど、美しく晴れた日だった。

球技というのは私にとって、ドッジボール、野球、バスケットボール、バレーボール、卓球といったところで、テニス、ゴルフは、まったくダメである。テニスはマドリッドに住んでいるころ、「科学博物館」の丘にあるテニススクールでスペイン人のコーチに習っていたが、テニスコートに着くまでの長い上り坂でくたびれてしまい、まったくものにならなかった。それでも1年ほどは通ったが、自分が打った球を自分で拾わなくてはならず本当に辛かった。(余談だが、ゴルフも少し練習したが、あらぬ方向に球がとび、あやうく子どもにぶつかりそうになってショックを受け、それきり止めた)

そうはいっても、せっかくロンドンに住んでいるのだし、有名なウィンブルドンのテニス大会なのだから雰囲気くらいは、と思いつつ出かけた。開場時間より1時間以上早く着いたのにすでに長蛇の列で会場に入るまでに2時間かかった。コートは全部で20面あり、センターコートと第1コートは大きなスタジアムで客席も多い。あとの18面はこじんまりとしたもので、美しい花で満たされている。敷地内の地下にはショッピングセンターがあって土産物店が軒を連ね、フードコートやレストランも充実(美味しいかどうかは別として)している。屋外にはBBCテレビのカメラやマイクが何台も据えつけられ、テレビでおなじみの解説者やアナウンサーが、目の前で入場者にインタヴューしていた。真っ赤に日焼けした人々が芝生の上にあふれ、ピムスやビールを飲みながらねっころがっている。私たちは12時から18番コートで、日本人選手とタイ人選手の女性試合を観戦した。それから第1コート脇の芝生で大スクリーンに映し出されるティム・ヘンマンというイギリス人選手の(私は良く知らなかったが人気者らしい)試合を見ながらピクニックランチ。テニス大会といえばピムス(ピムス酒に、きゅうり、レモン、オレンジの薄切りにミントの葉を入れレモネードで割ったもの)を飲み、泡立てていない生クリームをかけたいちごを食べるのが「ウィンブルドン風」ということらしい。大会は男女128人づつの選手が選ばれて、日本人もたくさん参加している。試合中に球拾いの少年少女が機敏にコート内を走り回るのが可愛いけれど、テニスは球拾いが……とまたまた苦い思い出が……。審判は女性試合は女性(緑色に細かい柄のある丈の長いスカートと上着)男性試合では男性(水色っぽいネクタイに、カンカン帽)だが、そろいもそろって年配の人たちばかり。何かきっと伝えられてきたものがあるのだろう。夕方、再び18番コートに入って男性試合をみた。私は客席に響く軽快なボールの音を聞きながら、気持ちよく居眠りした。強い日差しの下でピムスを飲んだからかもしれない。何といっても「百聞は一見に如かず」、前週祭とはいってもこれがウィンブルドンのテニス大会! 私は満足して帰宅した。

|

« 伊豆・大仁の『女塚』 | トップページ | バレエ »

スポーツ・大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンブルドンのテニス:

« 伊豆・大仁の『女塚』 | トップページ | バレエ »