« ……というふうに考えています | トップページ | 余部鉄橋 »

2016年10月10日 (月)

『幻の朱い実』石井桃子

DSC_6439

 

石井桃子は童話『ノンちゃん雲に乗る』や『熊のプーさん』の翻訳などで知られる児童文学作家だ。『幻の朱い実』は、87歳で書きあげた最初で最後の長編小説。戦前に青春時代を送った女性たちの話で、地味な小説だが不思議な魅力がある。「朱い実」は烏瓜(カラスウリ)のこと、ほとんど石井桃子自身の私小説らしく読める。

語り手明子と結核で早世する明子の女子大の上級生蕗子、そして第3部に頻繁に登場する蕗子の友人加代子。第1部と第2部では、明子と蕗子、ふたりの若い女性の友情を越えた深い愛が描かれる。出会って間もない蕗子と明子は、房総の宇原という村でひと夏を過ごす。そこは『房総文学散歩』(毎日新聞千葉支局編)によれば、勝浦の部原(へばら)らしい。

蕗子が自らの健康を省みずに他人のために尽くすのを見て、明子は蕗子の気持ちを疑い、それまで決めかねていた結婚を決意する。「明子は蕗子を見失った。それは足のひょろつくほどの頼りなさだった」だから「節夫(結婚相手)にとりすがったのではなかったか。明子は後ろめたさにため息をついた」。明子は結婚してもなかなか夫に打ち解けなかったが、ついに子どもができて成長する。それを知った蕗子は明子が子どもを産むことに、まるで嫉妬するかのようだ。なにがあっても明子は蕗子のことを忘れた日はなかった。蕗子に対して明子は「愛している、という日本語としては馴染めない言葉をいうしか」なく、蕗子が死んだら本当は「あなたの手に触れたものは全部欲しい、と言いたい」と思うほど愛は深かった。

蕗子がこの世を去って50年後、蕗子の友人加代子は「とても楽しかった、あなたみたいに色っぽい人と暮らせて」と蕗子にいわれたと笑い、「あの人は、『女の中の男』だから」という。ともに蕗子を愛したふたりは、古い手紙に綴られた蕗子の病と孤独に今さらながら心を痛める。そして次第に明らかになっていく蕗子の激しく奔放な恋愛……。明子と蕗子そして加代子、早世した蕗子をめぐる3人の深い愛情関係が優しい思いやりを持って描かれる。

|

« ……というふうに考えています | トップページ | 余部鉄橋 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/64328289

この記事へのトラックバック一覧です: 『幻の朱い実』石井桃子:

« ……というふうに考えています | トップページ | 余部鉄橋 »