« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟

DSC_7903

写真は伏姫篭穴

 

毎年2月になると、なぜだか海が見たくなる。天が透き通るばかりに晴れた日の群青色の荒布のような海。冷たい海水が水の生物を静かに眠らせ、太陽の光だけが燦々と降りそそいで水面を煌めかせている海。今年もそんな海が見たくて、2月のある日、南房総に出かけた。

なぜ南房総かといえば、海だけではなく『南総里見八犬伝』ゆかりの地を見たいと思ったからだ。午前中に家を出て東京湾のアクアラインで木更津をめざす。そこから南へくだって岩井の近く、富山の「伏姫篭穴」を見て、里見家の城として登場する「滝田城址」へ向かった。夕刻、洲崎灯台に行って海を眺めた。うっすらと遠く富士山が見え、海は期待していたよりもっと美しかった。

『南総里見八犬伝』は史実と架空の物語を織り交ぜた長編小説。滝沢馬琴が28年にわたって書き続けた98巻の物語だ。序章は史実を絡めてはじまる。1441年の結城合戦で敗れ安房に落ち延びた里見義実は、逆臣山下定包と戦いそれを打つ。義実は定包の妻玉梓に命は助けると告げるが、のちにその言葉をひるがえして首をはねる。玉梓は里見を呪い子孫を畜生道に落とすと言い残す。そして怨霊となって里見家に祟る。1457年、安西景連が攻めてきたときに、義実は飼い犬の八房に、景連の首をとってきたら娘の伏姫を与えるというと、八房は勇んで出ていき景連の首を取ってきた。そして伏姫と飼い犬の八房は夫婦となって洞窟に棲む。それが富山の「伏姫篭穴」というわけだ。しかしながら、『南総里見八犬伝』は、なんといっても架空の小説。架空の物語の舞台となった洞窟が実際にあるとは……。余談だが、『ドン・キ・ホーテ』にでてくる「モンテシーノスの洞窟」を連想した。スペイン、ラ・マンチャ地方のルイーデラ湖畔には、架空であるはずの「モンテシーノスの洞窟」が実在する。

車を降りてかなりの山道を登っていくと、さらに高い石段の上に洞窟があった。入り口は狭いが中は立って歩けるほどの広さだ。物語では伏姫は洞窟で8つの球を産み落とし、それらが関東一円に散っていくのだ。暗い洞窟に佇み、ここには物語のヒントとなるようなできごとがあったのかもしれないなどと考える。たとえば、伏姫を助けた飼い犬の八房とは、身分の低い下郎のことだったかもしれないし、また、当時は双子でさえ犬猫のようだなどと忌み嫌われた時代、双子や三つ子を産んだ母親が世間体を気にする家族の者たちからこんな洞窟に閉じ込められた、などというようなことがあったかもしれないのだ。人の心は常に暗い虞のために慄いている。それゆえの差別と偏見に満ちたできごとも多くあったことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

『月長石』ウィルキー・コリンズ

DSCN0003

 

原題は『The Moonstone』、上下巻1冊になった厚さ2センチ以上、全780ページの、しかも小さな活字で編まれた文庫本を読んだ。以前、同じ作者の『白衣の女』を読んだが、それも上中下3巻の長編だった。

インドからイギリスにわたってきた、大きな黄金色のダイヤモンドThe Moonstone。レイチェルとフランクリン、そしてゴドフリーという血縁の従兄弟たちとそのダイヤに纏わるミステリー小説だ。物語は、レイチェルに相続されたダイヤが誕生日に盗まれるところからはじまる。レイチェルは、夜中に部屋に入ってきてダイヤを盗んだのはフランクリンだったと証言する。けれども後に、フランクリンはアヘンを飲まされ、無意識のうちにダイヤを守ろうと持ち去ったことが判明する。誤解が解けてふたりは結婚するのだが、借金のためにダイヤを横取りしようとしたゴドフリーは、3人のインド人によって殺される。ダイヤは紆余曲折を経て、最後はしかるべき場所、インドの仏像の額に収まる、というものだ。

『白衣の女』と同様、登場する人々の手記という形が取られているが、なかで圧巻なのは、貧しいオールドミスの、クラックという狂信的なキリスト教徒の手記だ。いかにもビクトリア時代らしい女性像が描かれている。彼女もまたレイチェルらの血縁である。

コリンズはディケンズと同時代の人で、ディケンズとも親しい間柄だった。コリンズの父と弟は有名な画家、ディケンズの娘はコリンズの弟と結婚している。

コリンズは曰く付きの『白衣の女』のモデルと同棲していたが、彼女は別の男性と結婚する。コリンズも別の女性と結婚して子どもが4人いたが、その家庭に「白衣の女」がもどってきて住みつき一緒に暮らす、というビクトリア時代の芸術家らしいめちゃくちゃな私生活。モリスだってロセッティだってみんなそう。ディケンズだけは円満な家庭人というイメージだったが、最後はエレンターナンという若い女優に溺れてしまった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

小田原「だるま」と川崎長太郎

DSC_7968

 

先日、小学校時代の友人たちと箱根に行った。何といってもみな60年ほど前に出会った友人たち……心置きなく笑えて、本当に楽しい旅行だった。

途中、小田原の老舗料理店「だるま」で昼食をとる。「だるま」は私小説家、川崎長太郎が足しげく通った店だ。父は小田原の魚卸し業者で、漁師から活きのいい魚を仕入れては、箱根の旅館やホテルに天秤棒を担いで売りにいった。家業は弟が継ぎ、手広くやっているかと思うと借金をかかえる、という繰り返しだったが、晩年は小田原の市会議員まで務めた。長太郎はひとり、浜辺の掘っ建て小屋で暮らし、ろうそくの火で手を温めながら小説を書いた。

「だるま」は天丼やちらし丼が有名な店で、川崎長太郎は「栄養があるから」とちらし丼をよく食べていたという。自選全集Ⅱのなかに『蝋燭』という短編があり、「だるま」の女中たちに言い寄る川崎自身のことがながながと書かれているが、昔は飲食店や旅館の女中は、私娼街の女たちとそう変わらない立場だったのかもしれない。川崎の短編には、戦時中の苦労や芸者とのごたごた、夫の小説を持参してきた人妻と恋仲になって湯ケ野へ出かけたことなどさまざま書かれていて臨場感がある。小説と随筆の違いが、小説は架空のもので随筆は筆者の実体験から得た感慨を述べるものである、とすると、私小説といわれるものは随筆に近く、例えば荷風の『墨東奇譚』などもそうであろう。一般的には色々な意味で、私小説はあまり高く評価されないが、川崎長太郎の小説は、文章に稀にみる力と独特の美しさがあり、小田原の町の生き生きとした様子が、作者の目と耳と肌を通してくっきりと浮かびあがってくる。潮騒が微妙に変化する音、私娼街の三味線の爪弾きと女の濃厚なおしろいの色、料亭の魚料理の匂いや仲居の足袋をする足音……それらを読んでいると、小田原は遠い夢の町のように美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »