« 『月長石』ウィルキー・コリンズ | トップページ | 羽田空港までのタクシー »

2017年3月28日 (火)

『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟

DSC_7903

写真は伏姫篭穴

 

毎年2月になると、なぜだか海が見たくなる。天が透き通るばかりに晴れた日の群青色の荒布のような海。冷たい海水が水の生物を静かに眠らせ、太陽の光だけが燦々と降りそそいで水面を煌めかせている海。今年もそんな海が見たくて、2月のある日、南房総に出かけた。

なぜ南房総かといえば、海だけではなく『南総里見八犬伝』ゆかりの地を見たいと思ったからだ。午前中に家を出て東京湾のアクアラインで木更津をめざす。そこから南へくだって岩井の近く、富山の「伏姫篭穴」を見て、里見家の城として登場する「滝田城址」へ向かった。夕刻、洲崎灯台に行って海を眺めた。うっすらと遠く富士山が見え、海は期待していたよりもっと美しかった。

『南総里見八犬伝』は史実と架空の物語を織り交ぜた長編小説。滝沢馬琴が28年にわたって書き続けた98巻の物語だ。序章は史実を絡めてはじまる。1441年の結城合戦で敗れ安房に落ち延びた里見義実は、逆臣山下定包と戦いそれを打つ。義実は定包の妻玉梓に命は助けると告げるが、のちにその言葉をひるがえして首をはねる。玉梓は里見を呪い子孫を畜生道に落とすと言い残す。そして怨霊となって里見家に祟る。1457年、安西景連が攻めてきたときに、義実は飼い犬の八房に、景連の首をとってきたら娘の伏姫を与えるというと、八房は勇んで出ていき景連の首を取ってきた。そして伏姫と飼い犬の八房は夫婦となって洞窟に棲む。それが富山の「伏姫篭穴」というわけだ。しかしながら、『南総里見八犬伝』は、なんといっても架空の小説。架空の物語の舞台となった洞窟が実際にあるとは……。余談だが、『ドン・キ・ホーテ』にでてくる「モンテシーノスの洞窟」を連想した。スペイン、ラ・マンチャ地方のルイーデラ湖畔には、架空であるはずの「モンテシーノスの洞窟」が実在する。

車を降りてかなりの山道を登っていくと、さらに高い石段の上に洞窟があった。入り口は狭いが中は立って歩けるほどの広さだ。物語では伏姫は洞窟で8つの球を産み落とし、それらが関東一円に散っていくのだ。暗い洞窟に佇み、ここには物語のヒントとなるようなできごとがあったのかもしれないなどと考える。たとえば、伏姫を助けた飼い犬の八房とは、身分の低い下郎のことだったかもしれないし、また、当時は双子でさえ犬猫のようだなどと忌み嫌われた時代、双子や三つ子を産んだ母親が世間体を気にする家族の者たちからこんな洞窟に閉じ込められた、などというようなことがあったかもしれないのだ。人の心は常に暗い虞のために慄いている。それゆえの差別と偏見に満ちたできごとも多くあったことだろう。

|

« 『月長石』ウィルキー・コリンズ | トップページ | 羽田空港までのタクシー »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/65077258

この記事へのトラックバック一覧です: 『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟:

« 『月長石』ウィルキー・コリンズ | トップページ | 羽田空港までのタクシー »