« 小田原「だるま」と川崎長太郎 | トップページ | 『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟 »

2017年3月16日 (木)

『月長石』ウィルキー・コリンズ

DSCN0003

 

原題は『The Moonstone』、上下巻1冊になった厚さ2センチ以上、全780ページの、しかも小さな活字で編まれた文庫本を読んだ。以前、同じ作者の『白衣の女』を読んだが、それも上中下3巻の長編だった。

インドからイギリスにわたってきた、大きな黄金色のダイヤモンドThe Moonstone。レイチェルとフランクリン、そしてゴドフリーという血縁の従兄弟たちとそのダイヤに纏わるミステリー小説だ。物語は、レイチェルに相続されたダイヤが誕生日に盗まれるところからはじまる。レイチェルは、夜中に部屋に入ってきてダイヤを盗んだのはフランクリンだったと証言する。けれども後に、フランクリンはアヘンを飲まされ、無意識のうちにダイヤを守ろうと持ち去ったことが判明する。誤解が解けてふたりは結婚するのだが、借金のためにダイヤを横取りしようとしたゴドフリーは、3人のインド人によって殺される。ダイヤは紆余曲折を経て、最後はしかるべき場所、インドの仏像の額に収まる、というものだ。

『白衣の女』と同様、登場する人々の手記という形が取られているが、なかで圧巻なのは、貧しいオールドミスの、クラックという狂信的なキリスト教徒の手記だ。いかにもビクトリア時代らしい女性像が描かれている。彼女もまたレイチェルらの血縁である。

コリンズはディケンズと同時代の人で、ディケンズとも親しい間柄だった。コリンズの父と弟は有名な画家、ディケンズの娘はコリンズの弟と結婚している。

コリンズは曰く付きの『白衣の女』のモデルと同棲していたが、彼女は別の男性と結婚する。コリンズも別の女性と結婚して子どもが4人いたが、その家庭に「白衣の女」がもどってきて住みつき一緒に暮らす、というビクトリア時代の芸術家らしいめちゃくちゃな私生活。モリスだってロセッティだってみんなそう。ディケンズだけは円満な家庭人というイメージだったが、最後はエレンターナンという若い女優に溺れてしまった……。

|

« 小田原「だるま」と川崎長太郎 | トップページ | 『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟 »

イギリス文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/65021925

この記事へのトラックバック一覧です: 『月長石』ウィルキー・コリンズ:

« 小田原「だるま」と川崎長太郎 | トップページ | 『南総里見八犬伝』・伏姫の洞窟 »