« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月26日 (水)

美味しいお寿司

DSC_4760

我が家のすみれ

 

先月のある休日、息子が美味しいお寿司の店があるから一緒にいかないかと誘ってくれた。仕事関係で知っている店で、息子の家族もよく行くらしい。

築地や銀座にあるような誰でもが知っている店ではないが、とっても美味しいお寿司屋さんだった。カウンターに座って、私にしては珍しく本当にたくさん食べた。その店は戦前、屋台(ストールのようなもの)からはじめて92年間続いていて、今は3代目だという。珍しいネタ、新鮮なネタ、くじらベーコンまであった。

そこで私が再認識したことは、美味しく食べるためには、ひとつに【食材の温度】(ネタはちょうど良い冷たさ、ごはんもちょうど良いあたたかさが大切)と、もうひとつは【塩加減】が大切だ、ということだ。温度はすぐに変わってしまうので、とにかく作ってすぐに食べなければならない。塩の濃さはネタによっても違うし、またお腹がすいている時とお腹がいっぱいの時と、微妙に感じ方が違うのでそこを加減しなければならないのだ。そんなことはよくわかっていたはずだが、美味しいものを食べて、身をもって再認識したというわけ。

息子が車で迎えに来てくれたので行きは地下の高速、帰りは首都高速を通って帰宅する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

羽田空港までのタクシー

DSC_8775

写真は芝離宮の桜

 

先日、見送りのために羽田空港にいった。前日に予約したタクシーは、約束の時間の15分前から家の前で待っていた。出ていくとさっとトランクを開けてくれたが、荷物がないというと少し驚いたようだった。丁寧な態度で座席に促され、乗車してすぐシートベルトをするように言われ、運転手は礼儀正しく自己紹介をした。「羽田空港の国際線ANAの搭乗口にお願いします」というと、運転手が「高速で行きますか」と訊ねたので、私は「そうですね」と何気なくいい、「環七からですよね」と付け加えると、運転手は、「環七より高速の方が早いですよ」という。私は地理には疎いので、何が何だかよくわからないまま車は出発し、雨のなか、戸越から首都高速に入り、あっという間に目黒を過ぎたと思ったら、やがて左手に東京タワー、そしてトンネルを走り、なぜかレインボーブリッジを渡りお台場へ……いったいどこを走っているの?もしかして成田と間違えているのかしら、と思って急に不安になったが、やっと羽田空港方面の案内板が見えた。その時点でメーターは7000円。いつも我が家から羽田までは車なら30分弱で着き、料金は4000円もしないと記憶していたので(ネットでは予想金額は3850円とあった)、さすがの私も何だかおかしいと思ったが、そうしているうちにやっと羽田についた。到着すると運転手はすぐに運転席をでて、車の後ろを回ってさっとドアを開けてくれた。支払った金額は高速代と迎車料金を入れて10660円、かかった時間は45分ほど。とにかく遅れてはいけないと急いで傘を畳んで空港の建物のなかに入り、案内所で「ANAの国際線はどこから出るのですか」と聞くと、「ここは国内線ですよ」という。私はそれを聞いていきなりものすごく腹が立ってきた。国内線と国際線はかなり離れている。でも、9時には搭乗口から入ってしまうと思うとパニックになり、「タクシー乗り場はどこですか」と聞くと、バスがあるという。外に出るとすぐにバスがきてバスに乗るとすぐに出発したので、10分ほどで国際線乗り場に着いたが8時40分ぐらいになってしまった。その時点では本当に怒っていたので、帰宅したらタクシー会社に電話しようと思っていたのだが、家に帰って昼寝をして起きたら、何だか面倒くさくなってやめてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »