« 風呂場解体 | トップページ | いとこ同士 »

2017年8月 1日 (火)

「ことり」という名の金魚

DSC_9969

 

気がつけば8月。7月はいったいどこへ行ってしまったのだろう。「忙」という字のじゅうたんに乗って、空の彼方に飛んで行ってしまったのかしら……。

5年前、近所の神社の夏祭りで孫がすくった赤い金魚が、この5年間で5倍の大きさになり、ガラスの水槽もこころなしか狭くなってしまった。

庭の池に放そうかとも思ったが、その前に玄関先にある陶器の水槽に他の金魚と一緒に入れて様子をみることにし、数日前の朝、放した。他に赤い金魚が2尾と黒いぶちで尾が長い金魚がいるのだが、「ことり」に比べてすらりとスマート。毎朝、ガラスの水槽に私が近づくと飛び上がって餌を要求するので、定期的にやっていたのだが、どうしてこんなに……。本当に「ことり」はかなりの肥満体!夕方見に行くと,ホテイソウの影に隠れて出てこない。私のことはよくわかっていて、いつも私を見るとすぐに寄ってきたのに、新居が気に入ったから戻りたくないというわけか。

それにしても変わった金魚で、雌だというのに気が荒く、鯉の滝登りのように水しぶきを上げて水面から跳ね上がる。そして、水草を浮かべておくと全部食べてしまうというサラダ好きだ。昨日はやっと姿を見せ、おっとり穏やかに泳いでいたので一安心。

|

« 風呂場解体 | トップページ | いとこ同士 »

動物・鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/65608160

この記事へのトラックバック一覧です: 「ことり」という名の金魚:

« 風呂場解体 | トップページ | いとこ同士 »