« 日本のワーズワース・大町桂月 | トップページ | 雨上がりの夕方 »

2017年10月18日 (水)

太宰治の生家『斜陽館』

DSC_0679

斜陽館

 

太宰治の生家は青森県五所川原市の金木にある。以前は旅館だったが、今は、記念館『斜陽館』として修復され公開されている。私はひと目見て、あまりに立派なので驚いた。まるで、イギリス貴族の館の日本版。太宰が誕生した部屋や、300人ほどいた小作人から小作料を受け取った銀行の窓口みたいな「店」、3方向に広がる中央階段、貴賓室のような洋間、そして巨大な蔵。太宰治は、津島家のこのような家(青森で4番目の資産家だったという)で6男として生まれた。太宰は利発で特別感じやすい子どもだったのかもしれないが、長男以外は財産を継ぐこともない時代、責任もなく生きる目標もなく、ただの洒落者として放蕩するうちに共産思想に囚われたとしても不思議ではない。そして薬を常用し、死に対する願望を持ち続けたのも仕方のないことだったのかもしれない。私は去年、アンソロジーシリーズの1冊『人魚』を編集した際、太宰を取り上げ、また今回は生家を見て……それまで太宰の作品は好きではなかったけれど、ちょっと理解したように思った。

雨は相変わらず降り続いていたが、太宰が子どもの頃に遊んだという雲祥寺を歩き、移築復元された旧津島家新座敷へ向かう。これは兄の結婚を機に建てられた離れだったが、そこに勘当された太宰が戦争中疎開していた。太宰は戦争中に、良い作品をたくさん書いているのだ。売店で『津軽』と『津軽通信』(奥野健男の解説)を買う。『津軽』は学生の頃読んだが、『津軽通信』は知らなかった。A子と二人で『斜陽館』の前の店でネマガリダケが乗ったラーメンを食べて新青森駅へ。4時38分発の新幹線はやぶさ28号で帰京。

|

« 日本のワーズワース・大町桂月 | トップページ | 雨上がりの夕方 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/65930666

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治の生家『斜陽館』:

« 日本のワーズワース・大町桂月 | トップページ | 雨上がりの夕方 »