« 新郷村・キリストの墓 | トップページ | 日本のワーズワース・大町桂月 »

2017年10月14日 (土)

ピラミッドなのか雨乞い遺跡なのか

DSC_0516

キリストの墓の傍に「大石神ピラミッド」がある。そこもまた「竹内文書」に記されている場所だ。それによれば、「日本にはエジプトのピラミッドより古いピラミッドが7基ある」とのことで、これがその一つだという。ピラミッド説はちょっと無理があるなぁ……とも思うが、なかなか神秘的な場所で、飛鳥をはじめ日本のさまざまな場所に見られる一種の巨石文化の遺構ではないのか、と私はここでも妄想に囚われる。ここは一説には雨乞いをした場所ではないか、ともいわれているらしい。もしかしてゾロアスター教の…などということはまずないだろうが…。それにしても、一枚の大岩が自然に割れたとは考えにくい。周囲に岩は見当たらない。でも……昔は岩がごろごろしていたのかもしれないし、それが人によって片付けられたのでは、などと疑ってみる。とにもかくにも、私にとって、そこはキリストの墓よりもなお興味深かった。小高い土盛りの上に大きな岩が点々ところがっている、それだけで心が騒いでしまう。

そうこうしているうちに、空模様が怪しくなってきたので、雨になる前に夕飯に何か買わなくてはと、「岩場」を下りて「役場」の方へ向かう。店は少ない上にほとんど閉まっていて、やっとヤマザキの看板のあるよろずやを見つけて、夕食用と翌日の朝食用おにぎりを買い、温泉会館に戻る。温泉に浸かり(温泉はとても良い)、物産館で買ったとうもろこしと梨とヤマザキのおにぎりを食べ、二人でいろいろ積もる話をして11時ごろ就寝。

|

« 新郷村・キリストの墓 | トップページ | 日本のワーズワース・大町桂月 »

不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラミッドなのか雨乞い遺跡なのか:

« 新郷村・キリストの墓 | トップページ | 日本のワーズワース・大町桂月 »