« 小豆島「江洞窟」の庵主 | トップページ | 病院で »

2017年11月28日 (火)

小豆島『二十四の瞳』・岬の分教場

DSC_0904

 

中山千枚田、そして農村歌舞伎舞台をみて、小説『二十四の瞳』やその映画の舞台となった「岬の分教場」に行く。分教場は明治35年に田浦尋常小学校として作られた。昭和46年に廃校。校舎に入ってみれば、何と、私が小学校に入学した時に座ったものと同じ、ふたり掛けの素朴な木の机と椅子が並んでいて、黒板の横には当時のオルガンも置いてあった。60年前の懐かしい教室の風景だ。
壼井栄の『二十四の瞳』を何十年ぶりかで再読した。大石先生と12人の子どもたちが主人公。次第に激しさを増して行く戦争。大石先生も結婚して3人の子どもに恵まれるが夫は戦死し末の子どもを亡くす。男の子たちは戦地へ行き、5人のうち還ったものは2人、そのうちのひとりは失明していた。女の子たちの運命も過酷で、戦争と貧困に打ちのめされたような短い人生だった子どももいる。小説『二十四の瞳』には愛と思想がある。壼井栄は54歳の時『二十四の瞳』で一躍有名になり、57歳で没した。
映画村で「壼井栄文学館」をみて、そこで記念に『二十四の瞳』の文庫本を買い、昼食をとって寒霞渓、そして西光寺へ。西光寺に、私が大学生の頃から興味を持ち続けている「隠れキリシタン」の墓があり、小豆島にも渡っていたのだ、と感慨無量だった。

|

« 小豆島「江洞窟」の庵主 | トップページ | 病院で »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/66098417

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島『二十四の瞳』・岬の分教場:

« 小豆島「江洞窟」の庵主 | トップページ | 病院で »