« 斎藤潔&真佐子・水彩画二人展 | トップページ | 映画『えんぴつ泥棒』 »

2018年7月 7日 (土)

フルート・アンサンブル

DSC_2695

 

先週末、友人のフルート・アンサンブルを聞きに行った。音もそろっていて、皆、楽しそうに吹いていて、とても良い演奏会だった。そして友人の先生が青木明先生にも教えを受けた方だということがわかりとても懐かしくなった。青木先生はフルート・アンサンブルに力を入れていらした。
私が青木明先生のもとへ通い始めたのは16歳の時だった。それ以前にも別の先生にフルートを教えていただいていたが、高校生になり本格的に音大をめざそうと高校の音楽の先生に相談したところ、青木先生を紹介して下さった。
青木先生のお宅に母と一緒に初めて伺った時、先生はまだお若く、ご子息はまだ本当に小さくて、お嬢さまは生まれていなかった。先生は初対面の私をご覧になって、「あなたはフルートに向いていますよ」とおっしゃった。私も母も、もちろん喜んだ。きっとひと目で私の才能を見抜かれたのだわ、などとは全然思わなかったが、そういって勇気づけてくださるのだわ、と思った。でも本当はそうではなく、先生は私の口の形と歯並びを見てそういわれたのだった。フルートに適した形の唇と歯並び。それは残念ながら、美しい女性のおちょぼ口とは正反対の形だったのだが……。
フルート・アンサンブルの当日は、モーツアルトの『アンダンテ』を演奏した方がいて、それも懐かしかった。高校生の時に舞台で演奏した曲だ。譜面上は簡単で地味だが感情を表現しにくい曲で、そういう意味でとても難しい。『アンダンテ』には曲の最後にカデンツァがある。青木先生は、自分で作ってごらんなさい、とおっしゃってそれは宿題になった。私は、何とかそれらしく作って(ランパルやニコレのカデンツァを聞いて、なるべく同じようにならないようにして)次のレッスンでおそるおそる吹いたら、「良いねー」と褒めてくださったことを昨日のことのように思い出した。月日の経つのは本当に早い。まさしく「光陰矢の如し」だ。

|

« 斎藤潔&真佐子・水彩画二人展 | トップページ | 映画『えんぴつ泥棒』 »

演奏会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルート・アンサンブル:

« 斎藤潔&真佐子・水彩画二人展 | トップページ | 映画『えんぴつ泥棒』 »