« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月27日 (木)

永井一顕の治五郎日記

下記をクリックしてください

http://yanakaan.hatenablog.com/entry/2018/09/15/003000

その2

http://yanakaan.hatenablog.com/entry/2018/09/20/131202

DSCF3308

写真は旧治五郎邸の近所にあった旧朝倉彫塑館2009年の屋上風景(背中の放物線とカラスが良い!)

 

9月15日の『永井一顕の治五郎日記』に、私にとって思い出深い『わしといたずらキルディーン』の本のことが載った。《幼き日の物語 奇跡の新訳》と題されたそれは、10年前に読売新聞の記者、永井さんが新聞紙上に書いてくださった記事だ。一緒にインタビューをうけた天皇の主治医、金澤一郎先生は亡くなられたが、私はそれがご縁で、ときどき永井さんにお目にかかる機会を得た。さすがにここ数年はご無沙汰していたのだが、先日、友人タムタムのおかげで再会することができた。
当日治五郎邸で同席したのは6人。永井さんはお変わりなく、漱石など日本の名作をモンゴル語に翻訳して出版しているインテリの奥さま(しかもお若い)と、満ち足りたご様子で暮らしていらした(とお見受けした)。以前の谷中庵から治五郎(どうもジゴロらしい)となっても、相変わらず素人には書けない名文のブログを書いていらっしゃる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

『嵐が丘』をもういちど

DSC_3702

『嵐が丘』をもういちど~イギリス文学を面白く再読する~と題してささやかな講演をした。入り口のところで年配の女性に声をかけられた。私も青山学院の卒業生です。今年80歳なんですよ。長年、図書館に勤務していましたが『チップス先生の贈り物』を図書館にいれた時のことをよく覚えています。ちらしで講演のことを読んで、今日をずっと心待ちにしていました……と。私を「先生」と呼んでくださる大先輩に、私は心底恐縮した。
講演はブロンテ姉妹の生い立ちや時代背景、そしてシャーロットの『ジェーン・エア』、エミリーの『嵐が丘』、アンの『アグネス・グレイ』などの作品に関することが中心だったが、他に、私が子どもの頃に感銘を受けた『緑の館』やディケンズの小説、それに3人のノーベル文学賞作家の作品、バーナード・ショーの『ピグマリオン』、エリオットの『キャッツ』、カズオ・イシグロの『日の名残り』を(この3人はそれぞれアイルランド、アメリカ、日本で生まれている)、そして最後に『ヘンリ・ライクロフトの私記』を取り上げた。ひとつひとつの作品について、話したいことがたくさんありすぎて、頭のなかがごちゃごちゃになりそうだったが、やっとそれらを1時間ほどの内容にまとめた。久しぶりに私自身もイギリス小説を再読して、またまた新たな感動を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

歌集 『蔵』

DSC_3625

 

伊勢の歌人Kさんから歌集『蔵』を頂いた。Kさんは伊勢の老舗海苔問屋「かねやす」の奥さまだ。上品な、感じの良い方で、全国大会でお会いすると話が弾む。福島県で生まれ、東京でご主人と出会い、伊勢に嫁いだ。40年以上前、生方たつゑの通信講座から短歌の道に入ったという。その後、伊勢の短歌結社「やどりぎ」で研鑽を積み、「アララギ」にも入会。日々、真摯に生きる姿が、独特な感性で詠われている。東日本大震災のときの、故郷、福島の原発事故を嘆く歌も多い。
初夏の陽に干したる布団のふくらみて部活を終へし息子を包む
海苔伸ばす作業に籠れば軽やかな物干し竿売る声の聞こゆる
土蔵には白蛇棲むと聞きゐしが大地震の朝姿現はす
不安なく食べて働くこの暮らし被災の人らに後ろめたしも
解体さるることを知りてか蔵の戸の急に軋みて脆くなりたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »