« 『嵐が丘』をもういちど | トップページ | ニューヨーク*リップ・ヴァン・ウィンクル »

2018年9月27日 (木)

永井一顕の治五郎日記

下記をクリックしてください

http://yanakaan.hatenablog.com/entry/2018/09/15/003000

その2

http://yanakaan.hatenablog.com/entry/2018/09/20/131202

DSCF3308

写真は旧治五郎邸の近所にあった旧朝倉彫塑館2009年の屋上風景(背中の放物線とカラスが良い!)

 

9月15日の『永井一顕の治五郎日記』に、私にとって思い出深い『わしといたずらキルディーン』の本のことが載った。《幼き日の物語 奇跡の新訳》と題されたそれは、10年前に読売新聞の記者、永井さんが新聞紙上に書いてくださった記事だ。一緒にインタビューをうけた天皇の主治医、金澤一郎先生は亡くなられたが、私はそれがご縁で、ときどき永井さんにお目にかかる機会を得た。さすがにここ数年はご無沙汰していたのだが、先日、友人タムタムのおかげで再会することができた。
当日治五郎邸で同席したのは6人。永井さんはお変わりなく、漱石など日本の名作をモンゴル語に翻訳して出版しているインテリの奥さま(しかもお若い)と、満ち足りたご様子で暮らしていらした(とお見受けした)。以前の谷中庵から治五郎(どうもジゴロらしい)となっても、相変わらず素人には書けない名文のブログを書いていらっしゃる。

|

« 『嵐が丘』をもういちど | トップページ | ニューヨーク*リップ・ヴァン・ウィンクル »

わしといたずらキルディーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永井一顕の治五郎日記:

« 『嵐が丘』をもういちど | トップページ | ニューヨーク*リップ・ヴァン・ウィンクル »