« ニューヨーク*ワシントン・アーヴィングとシャガール | トップページ | ニューヨーク*ニューヨーク近代美術館 »

2018年10月26日 (金)

ニューヨーク*メトロポリタン美術館

DSC_5190

『クロード・モネ』原本と翻訳本

メトロポリタン美術館、通称「THE MET」。古い絵画はルーブルやプラド、ウフィツィに比べるとかなり見劣りするが、それでもプラドで見慣れたゴヤ、ベラスケス、スルバラン、リベラなども少し並んでいる。しかし19世紀、20世紀前半の絵画は充実している。ミレー、コローなどのバルビゾン派、それにギュスターヴ・モロー、スーラ、ゴッホ。さらに印象派のドガ、ルノアール、そしてモネ。今回の私の目的はモネ。7月に発売された私の翻訳本、ロス・キング著『クロード・モネ』に登場するモネの作品のうち、(もちろん、睡蓮やルーアン大聖堂も良いのだが)『サンタドレスのテラス』と『ラ・グルヌイエール』が見たかったのだ。この2枚は並んで壁にかかっていた。それほど大きな作品ではないが、まだ有名になる前のモネの若い頃の作品で、ある種の清らかさがある。ミュージアムショップにはロス・キングの『クロード・モネ(Mad Enchantment)』が置かれていた。出版社で用意してくれた布張りの本と装丁が違っていたので、1冊、記念に買い求める。

DSC_4066

THE MET・『Mad Enchantment』

因みに、9月に横浜美術館で開催されていた「モネ展」に行った時に、ミュージアムショップに私の翻訳本『クロード・モネ』が置いてあったのでちょっと嬉しかったことを思い出した。

DSC_3641

横浜美術館・訳本『クロード・モネ』

その日の夜、ステーキハウスにいわゆるニューヨークカットを食べに行った。パイプの収集で知られる古いレストランで、天井を見上げると古いパイプがいっぱい並んでいる。店の入り口にあるショーケースにはルーズベルトのパイプなどもあり、アインシュタインやベイ・ブルースなどもメンバーだったらしい。クラブのメンバーは9万人だったとか。

|

« ニューヨーク*ワシントン・アーヴィングとシャガール | トップページ | ニューヨーク*ニューヨーク近代美術館 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192606/67315758

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク*メトロポリタン美術館:

« ニューヨーク*ワシントン・アーヴィングとシャガール | トップページ | ニューヨーク*ニューヨーク近代美術館 »