« ニューヨーク*ニューオーリンズ旅行 | トップページ | 『私が愛する世界』・ソニア・ソトマイヨール »

2018年11月12日 (月)

ニューヨーク*NYフィルのコンサートとブロードウェイ

DSC_4504

リンカーンセンターのコンサート会場

ニューヨークフィルのコンサートに行った。会場のリンカーンセンターはオペラハウスやジュリアード音楽院などと同じ敷地内にある。開演は午後2時。指揮は、もとアムステルダム・コンセルトヘボウのコンマスだったヤープ・ヴァン・ズヴェーデン。演目はルイス・アンダーソンの『Agamemnon・アガメムノン』(現代音楽)と、ストラヴィンスキーのバイオリンコンチェルト、同じくストラヴィンスキーの『Symphonies of Wind Instruments・風の楽器のシンフォニー』、それにドビュッシーの『La Mer・海』だった。私は風邪薬のせいでぼんやりしていたためか、どうやら「海」もぼんやりと霞んで穏やかな夕凪だったよう……。
DSC_4850

ブロードウェイ『キンキーブーツ』

ブロードウェイで子どもたちも一緒に『キンキーブーツ』を見た。古いイギリス風のシアター。これがブロードウェイね、ロンドンのウエストエンドの雰囲気とはちょっと違う、などとあたりを観察する。最初は、あまり子ども向きではない、女装した男性のショーかしらと思ったが、最後は良かった。主人公は美しい女装の男性とチャーリーという靴工場の経営者だったが、さすがにふたりとも抜群の歌唱力だった。

DSC_4354

ワシントン・スクエアのジャズバー

ニューヨークではジャズも聞いた。小さなジャズバーだったが、素晴らしい演奏だった。今回、ひとつ残念だったのは、是非見たいと思っていたゴヤの傑作『アルバ公爵夫人像』を見られなかったことだ。黒服に身をつつんだアルバ公爵夫人の指さす足元に、Solo Goyaと書かれていることで有名な絵だ。アメリカ・ヒスパニック・ソサエティは町の外れにあり、やっとたどり着いたら建物は改築中で美術館も閉まっており、お目当ての絵は世界各国をまわっているとか……本当にがっかりした。
帰国する前日の夕方、庭で餌をさがしているリスをゆっくりと眺めた。芝生のなかに見上げるほどに高い樹木が3本ほど立っていて、根元にはきのこが生えている。その木の幹をするすると下りてくる黒い毛なみの野リス、尻尾のまわりが白い大きな薄茶色のリス、それに芝生のなかを機敏に動き回るシマリスなどがかわるがわるやってくる。雌鹿がのっそりと庭を横切って行き、日暮れ時には鳥が鳴きさわぎ、やがて鳥も眠りに就いて静かな夜がくる。

|

« ニューヨーク*ニューオーリンズ旅行 | トップページ | 『私が愛する世界』・ソニア・ソトマイヨール »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク*NYフィルのコンサートとブロードウェイ:

« ニューヨーク*ニューオーリンズ旅行 | トップページ | 『私が愛する世界』・ソニア・ソトマイヨール »