« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

ラーメン

DSC_5845

このあいだ、大森で買い物をしていたら1時過ぎてしまったので、ラーメンでも食べようと駅前の店に入る。店はいつものように満員だったが、2階のぽつりと空いた席に店員が案内してくれた。彼女は東南アジア出身のように見えた。私がコートを脱いで座ると別の女性が注文を取りにきたが彼女も中国系の外国人だ。私は普通のラーメンを注文し、冷たい麦茶に手を伸ばす。私の左隣りは私と同じ年恰好の女性で、わき目もふらずスマホに熱中している。右隣りの女性は私より若く見えたが50代だろうか、彼女もスマホをじっと見ている。皆、連れはいない。やがて左側の女性にラーメンが運ばれてきた。普通のラーメンの3割増しほどの量がありそうな山盛りの具が乗ったラーメンと、サービスのご飯と香のものが並んだ。彼女は箸を取ると、あまり音もたてず上品に食べ始めた。それにしてもずいぶんたくさん食べるのね、と仰天しながら見ていているうちに、しばらくすると右側の女性にラーメンが運ばれてきた。同じように山盛りの具が乗ったラーメン(どうもその日のお勧めラーメンだったようだ)とサービスのご飯と香のもの。そして片言の日本語で「ご注文はこれでよろしいでしょうか」と言って立ち去ろうとした店員を呼び止めると、「あの……餃子一皿、お願いします」と追加。私は普通のラーメンでさえ、全部食べられない時もある。もちろんサービスのご飯や香の物は頼んだことはない。そのようなものは若者や学生が頼むものだと思っていたし、私の友人たちも、まずそれほど食べない。でも、私と同じような年令の女性でもこんなにたくさん食べるのね、だから元気なのね、と思った。そうだ、私も食べなければ!!!

バスで帰宅したのは2時半頃だったが、何だか疲れてしまい(血糖値が下がったのか)エネルギー切れになったので、アイスクリームをひと口食べて、ソファに横になりうとうとする。目が覚めたら3時半になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

『雪国』の宿「高半」

DSC_5937

川端康成が滞在した「かすみの間」

越後湯沢の旅館「高半」に行った。昨年2月に行くつもりで『雪国』を熟読していたのだが、一緒に行く人がB型インフルエンザにかかり行かれなくなった。そこで今年こそと予約し直して出かけた。小説の冒頭にある通り、国境の長いトンネル(清水トンネル)を抜けると景色は一変して雪景色、越後湯沢駅で下車して外に出ると、白い空から落ちてくる灰色の雪が激しく舞っていた。「高半」は900年ほどの歴史があり、川端康成がここを舞台に『雪国』を執筆したことで有名だ。因みに与謝野鉄幹、晶子夫妻、北原白秋、西脇順三郎、池部均、宮柊二、また田中角栄なども滞在したという。『雪国』に登場する芸者駒子のモデルとなった女性に関する資料も展示されている。3階建ての木造建築は平成のはじめに建て直されてしまったが、川端が逗留した「かすみの間」は当時のまま(位置もそのまま)保存され、窓外に広がる山々の景色も小説『雪国』の「山峡は日影となるのが早く、もう寒々と夕暮色が垂れていた。そのほの暗さのために、まだ西日が雪に照る遠くの山々はすうっと近づいて来たようであった」という一節そのものだ。……鏡台の前に座った駒子の赤い頬が背景の雪景色のなかに浮かんでいるようであり、それが夕暮れの汽車のガラス窓に映った葉子の眼のなかに点る明りを連想させるようであり、部屋の手すりに駒子が拗ねて腰かけるのが見えるようでもあり……しばし物語の世界を堪能する。伊豆湯ケ野の「福田屋」は川端が『伊豆の踊子』を書いた宿で、その部屋は今でも宿泊できるが、ここは自由に見学できるが宿泊はできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

A型インフルエンザ

DSC_1949

 

A型インフルエンザにかかって40度以上の高熱を出したので、多分、脳細胞がいっぱい死んだだろう。インフルエンザにかかるなんて精神がたるんでいるからじゃないの、などと言っていた私だが、私も精神がたるんだらしい。先月末のある夕方6時頃、何だか熱っぽいようなので測ってみると37度3分。7時半には37度6分。その30分後には38度とみるみるうちに上り、11時には38度6分、なるべく薬は飲まないようにしている私だがルルを飲んで寝る。翌朝は38度、午後には39度4分、そして夕方にはついに40度2分。風邪をひいただけでは病院に行かない主義の私も、さすがに家族に支えられて車に乗り這うようにして病院に行った。すぐにA型インフルエンザと判明。ゾフルーザという薬を2錠もらうが、それは「A型またはB型インフルエンザウィルス感染症の薬で、インフルエンザウイルス由来の酵素を阻害しその増殖を抑える」ものだという。見たところ「細おもての真っ白な顔の薬」で、何となく頼りなさそうな風情だが、医師に言われた通りそれを2錠飲んで寝た。一緒にもらったカロナールという解熱剤も服用する。翌日は一日中38度前後の熱でうとうとしていたが、その翌朝には急に36度台に熱がひいた。ゾフルーザを飲むと1日で熱がひきますからね、といった医師の言葉通り。でも胃のあたりが苦しく、咳がひどくて食欲がまったくなく身体がだるくて起き上がれない。しかしながらゾフルーザという薬は見かけよりもよく効いた。もし40度以上の熱が数日続いたりすれば、脳細胞がもっといっぱい死んでどうにかなってしまったかもしれない。それでも私は数日間、高熱に浮かされて白っぽい別世界に入っていき、灼熱の海を浮き沈みした。芭蕉は旅先で病に倒れ「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」という美しい句を残したが、私の頭のなかでは冬だというのに夜じゅう真夏のサンバが鳴りやまなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »