« 『雪国』の宿「高半」 | トップページ | 金柑の甘煮 »

2019年2月28日 (木)

ラーメン

DSC_5845

このあいだ、大森で買い物をしていたら1時過ぎてしまったので、ラーメンでも食べようと駅前の店に入る。店はいつものように満員だったが、2階のぽつりと空いた席に店員が案内してくれた。彼女は東南アジア出身のように見えた。私がコートを脱いで座ると別の女性が注文を取りにきたが彼女も中国系の外国人だ。私は普通のラーメンを注文し、冷たい麦茶に手を伸ばす。私の左隣りは私と同じ年恰好の女性で、わき目もふらずスマホに熱中している。右隣りの女性は私より若く見えたが50代だろうか、彼女もスマホをじっと見ている。皆、連れはいない。やがて左側の女性にラーメンが運ばれてきた。普通のラーメンの3割増しほどの量がありそうな山盛りの具が乗ったラーメンと、サービスのご飯と香のものが並んだ。彼女は箸を取ると、あまり音もたてず上品に食べ始めた。それにしてもずいぶんたくさん食べるのね、と仰天しながら見ていているうちに、しばらくすると右側の女性にラーメンが運ばれてきた。同じように山盛りの具が乗ったラーメン(どうもその日のお勧めラーメンだったようだ)とサービスのご飯と香のもの。そして片言の日本語で「ご注文はこれでよろしいでしょうか」と言って立ち去ろうとした店員を呼び止めると、「あの……餃子一皿、お願いします」と追加。私は普通のラーメンでさえ、全部食べられない時もある。もちろんサービスのご飯や香の物は頼んだことはない。そのようなものは若者や学生が頼むものだと思っていたし、私の友人たちも、まずそれほど食べない。でも、私と同じような年令の女性でもこんなにたくさん食べるのね、だから元気なのね、と思った。そうだ、私も食べなければ!!!

バスで帰宅したのは2時半頃だったが、何だか疲れてしまい(血糖値が下がったのか)エネルギー切れになったので、アイスクリームをひと口食べて、ソファに横になりうとうとする。目が覚めたら3時半になっていた。

|

« 『雪国』の宿「高半」 | トップページ | 金柑の甘煮 »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン:

« 『雪国』の宿「高半」 | トップページ | 金柑の甘煮 »