« 日影茶屋 | トップページ | 『雪国』の宿「高半」 »

2019年2月12日 (火)

A型インフルエンザ

DSC_1949

 

A型インフルエンザにかかって40度以上の高熱を出したので、多分、脳細胞がいっぱい死んだだろう。インフルエンザにかかるなんて精神がたるんでいるからじゃないの、などと言っていた私だが、私も精神がたるんだらしい。先月末のある夕方6時頃、何だか熱っぽいようなので測ってみると37度3分。7時半には37度6分。その30分後には38度とみるみるうちに上り、11時には38度6分、なるべく薬は飲まないようにしている私だがルルを飲んで寝る。翌朝は38度、午後には39度4分、そして夕方にはついに40度2分。風邪をひいただけでは病院に行かない主義の私も、さすがに家族に支えられて車に乗り這うようにして病院に行った。すぐにA型インフルエンザと判明。ゾフルーザという薬を2錠もらうが、それは「A型またはB型インフルエンザウィルス感染症の薬で、インフルエンザウイルス由来の酵素を阻害しその増殖を抑える」ものだという。見たところ「細おもての真っ白な顔の薬」で、何となく頼りなさそうな風情だが、医師に言われた通りそれを2錠飲んで寝た。一緒にもらったカロナールという解熱剤も服用する。翌日は一日中38度前後の熱でうとうとしていたが、その翌朝には急に36度台に熱がひいた。ゾフルーザを飲むと1日で熱がひきますからね、といった医師の言葉通り。でも胃のあたりが苦しく、咳がひどくて食欲がまったくなく身体がだるくて起き上がれない。しかしながらゾフルーザという薬は見かけよりもよく効いた。もし40度以上の熱が数日続いたりすれば、脳細胞がもっといっぱい死んでどうにかなってしまったかもしれない。それでも私は数日間、高熱に浮かされて白っぽい別世界に入っていき、灼熱の海を浮き沈みした。芭蕉は旅先で病に倒れ「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」という美しい句を残したが、私の頭のなかでは冬だというのに夜じゅう真夏のサンバが鳴りやまなかった。

|

« 日影茶屋 | トップページ | 『雪国』の宿「高半」 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A型インフルエンザ:

« 日影茶屋 | トップページ | 『雪国』の宿「高半」 »