« 『クマのプーさん展』 | トップページ | 『備前』 »

2019年3月22日 (金)

大田区郷土の会

Img_4942

2011年6月・大田区郷土の会・総持寺散策・石原裕次郎の墓

私が『大田区郷土の会』に入会したのは1980年代の終わりだから、30年ほど前になるだろうか。スペインから帰国して、地域の活動に参加したいという思いで入会した。『大田区郷土の会』を主宰していたのは長島保さんだった。長島先生は高校で教鞭をとるかたわら、「アミガサ事件」など、郷土史研究家として知られ、会員の論文を集めた冊子『多摩川』の発行、毎月の案内通知も、ほとんどひとりでこなしていた。会員も今の倍の人数で平均年齢も若かったし、平野さん、中村敏男さん、大坪庄吾さんはじめ優秀な研究者がたくさんいたが、今はほとんど鬼籍に入っている。また加沢さんには本当に親切にしていただいた。私もさまざまなことを勉強させてもらったし、オーストラリアに転居するまで、『大田区郷土の会』の幹部世話係も仰せつかっていた。この30年間、海外にいて参加できなくてもずっと年会費2000円を払い続けてきたが、昨年、長島先生が他界され、もうこれ以上在籍していても仕方がないと感じ、これを機に退会することにした。『大田区郷土の会』は、昔とすっかり雰囲気も変わってしまったので、私の心も自然に離れてしまったのかもしれない。

|

« 『クマのプーさん展』 | トップページ | 『備前』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『クマのプーさん展』 | トップページ | 『備前』 »