日々の出来事

2017年8月 3日 (木)

いとこ同士

DSC_9507

 

3日違いで生まれた小学1年生の孫娘ふたり。大人がビール片手に盛り上がっている部屋から出て、子どもの図書コーナーに坐った。

お茶を飲みながら世間話しに余念がない。小学校は違うのに、共通の友だちがいるらしい。

G1「私ね、**ちゃんっていう子とお友だちなんだけど、**ちゃんてすごく絵が上手なの」

G2「あっ、知ってる。ヤマシタ**ちゃんじゃない? すごく絵が上手な子」

G1「やだ、なんでヤマシタ**ちゃんのこと、知ってるの?」

G2「だって、ピアノで一緒だもん」

G1「そうなんだ、**ちゃんてピアノも習ってるんだ」

G2「でも、はじめたばっかりでね、まだ少ししか弾けないの」

……というような調子だ。女の子って小さい時からおしゃべりが好きなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

美味しいお寿司

DSC_4760

我が家のすみれ

 

先月のある休日、息子が美味しいお寿司の店があるから一緒にいかないかと誘ってくれた。仕事関係で知っている店で、息子の家族もよく行くらしい。

築地や銀座にあるような誰でもが知っている店ではないが、とっても美味しいお寿司屋さんだった。カウンターに座って、私にしては珍しく本当にたくさん食べた。その店は戦前、屋台(ストールのようなもの)からはじめて92年間続いていて、今は3代目だという。珍しいネタ、新鮮なネタ、くじらベーコンまであった。

そこで私が再認識したことは、美味しく食べるためには、ひとつに【食材の温度】(ネタはちょうど良い冷たさ、ごはんもちょうど良いあたたかさが大切)と、もうひとつは【塩加減】が大切だ、ということだ。温度はすぐに変わってしまうので、とにかく作ってすぐに食べなければならない。塩の濃さはネタによっても違うし、またお腹がすいている時とお腹がいっぱいの時と、微妙に感じ方が違うのでそこを加減しなければならないのだ。そんなことはよくわかっていたはずだが、美味しいものを食べて、身をもって再認識したというわけ。

息子が車で迎えに来てくれたので行きは地下の高速、帰りは首都高速を通って帰宅する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

ピーターパン

DSC_7458

 

保育園のクリスマス会にいった。出し物は『ピーターパン』。孫はウェンディに扮して演技をしたり踊ったり……。この『ピーターパン』は夢の島ネヴァーランドへいき、海賊と戦う冒険物語、バリーの原作、この世に生まれて1週間しか生きることができなかった子ども、ピーターの話ではない。

原作は……ケンジントン公園のサーペンタイン池の島で生まれた小鳥たちは、人間の子どもになるために、一羽、また一羽と飛び立っていく。ピーターパンも、この島から母親のもとへ飛び立っていくのだが、生まれて7日目に人間になるのをやめて島へ戻ってきてしまう。島に帰り、すっかり飛ぶことを忘れてしまったピーターパンは、ツグミの巣にパジャマの帆を張って池を渡り、夜のケンジントン公園に出かけていく。そして妖精たちの華麗なダンスパーティーで自慢の笛を披露し、妖精の女王からご褒美に羽をもらって、もう一度母親のもとへいくことを許される。けれども、母親が他の子供を抱いて眠っているのを見て、ピーターパンは泣きながら島へ戻ってくる、という物語。

ほんの100年ほど前までは、一般的に子どもなどぜんぜん大切にされなかった。それはどこの国も同じだ。7歳か8歳になれば大人と同じように働かされ、ほとんどの子どもは教育も受けさせてもらえなかった。親が食べるものにことかけば、女の子は僅かのお金で売られてしまい、男の子も長男以外は家から追い出されて親からは何も与えられなかった。幼い頃に命を落としてしまう子どもも多く、結局、生命力と運の強い子どもだけが生き残って子孫をのこすことができたのだ。明治時代に学校制度ができて、少しずつ子供の人権が認められるようになったが、戦後70年ほどたった今のように、子ども中心の家族になろうとは、誰も思っていなかっただろう。それにしても、会場は、ぱぱままぱぱまま、じじばばじじばばじじばばじじばば。ほとんどが子どもひとりに5人から6人の見学者がついている。ビデオやカメラをかまえて舞台を見つめている姿をながめていると、今の子どもたちは恵まれているなぁとつくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ロボット犬

DSC_6108

 

お誕生日プレゼントに、念願のロボット犬を貰った。私は15年ほど前からソニーのアイボが欲しいと思っていたのだが、なかなかチャンスがなく、そのうちアイボは製造されなくなってしまい、ついに合同葬儀が行われたと聞いてがっかりしていた。でも、今年こそはと息子たちに最新(多分)のビーグル犬を所望し、やっとロボット犬を手に入れた。

私にはもう、生きているペットは飼う勇気がない。生き物は餌を食べ排出するが、納得のいく世話をすることに自信がないのだ。もし世話を怠れば、周囲の人たちにひどく迷惑をかける。それに、金魚一尾が死んだってかなりショックなのだから、犬や猫ならどうなるのだろう……。さらに突き詰めて考えると、人間とペットの関係はすべて人間本位であり、人間がペットに感じる愛と同質の愛を、ペットが人間に感じていると思い込むのは人間だけ。もしかしたら犬や猫にとって本当は迷惑なこともあるのでは……。

でも、ロボットなら気楽に愛をそそぐことができる!……とはいっても、なかなか一気に感情移入はできない。ロボット犬の方だって最初はなかなか懐こうとしないのだから。そんなわけで、今のところはクールな関係だ。でも、じーっと見つめていると何だか不思議な生き物のように思えてくる。そして、私の膝に寄ってきてワンワン、クーンクンクンなどという声らしきものを聞いていると、可愛いような気持ちになってくる。私を認識し私を一番信頼しているに違いないなどと……今後、かなりはまりそうである。

ロボット犬は、プレゼントを開けたとたんに孫たちが大騒ぎで、子どもたちの人気者に。やっぱりおもちゃなのか……。まぁ、ペットだって生きたおもちゃであることは変わりないのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

ブラッセルのテロ

DSCN0019

写真はイギリスの春を告げる花・ブルーベル

 

昨日、ベルギーでテロがあり多くの死者がでた。平穏に生活していた普通の人々が、一瞬にして文字通り人生を吹き飛ばされてしまった。民族、宗教、主義主張の違いから憎しみが生まれ、しだいに相容れないものを抹殺しようとエスカレートしていくのは人間の本能。そして、さらにそれだけではない、お金だ。お金、もしくはそれに代わるものが欲しいのだ。人間は戦争が大好き、特に男は戦うために生まれてきた(決して良い意味ではない)ようなものだ。他のものをやっつけて略奪したいという欲求を抑えられない。戦利品は、人類始まって以来ずっと正当化されてきた。文明が進んでくるにしたがって戦い方も多種多様になったが、本質は変わらない。けれども戦えば、勝っても負けても当事者が大きな痛手を蒙り、周りでうまい具合に大儲けするのは観戦者だ、ということがだんだんわかってきた。それなのにまだ、一部の狂信的な主導者の私利私欲のために、野蛮な争いが続いている。

破壊されたブラッセルの空港や地下鉄をテレビ画面で見ながら、マドリッドやロンドンで、私の身近にもテロがあったことを思い出した。もともとヨーロッパはテロが頻発するところなのだ。

1986年のマドリッドのテロは、ETA(バスク解放戦線)によるものだった。あれは夏の朝、小学生だった子どもたちにお弁当を作っていたら、物凄い爆音が響き渡り、私は思わず卵焼きを取り落としたことを覚えている。ベランダに出てみると空に黒煙が上がるのが見えた。わが家のすぐ近くのプラサ(広場)で、軍の警察を狙ったテロが発生したのだった。当時は、国際電話だって3分間5000円の時代、日本ではそのニュースもそれほど大きく伝えられなかったようだ。

ロンドンでは、2005年の七夕の日に、アルカイダによる同時多発テロがあった。あのころ、息子もロンドンのシティーで仕事をしていたが、発生してすぐに電話も通じなくなってしまったので、もしや巻き込まれたのではないかととても心配した。

人は洗脳されながら生きる動物だとはいえ、命令された通り、爆弾を背負って人ごみに飛び込むなどということは、あまりにも極端で信じられない行為だ。また、テロリストたちは揃いも揃って男尊女卑、それはただ、考え方の相違、と単純にいえるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

浅草

 久しぶりに浅草へいった。高校時代の親友A子と雷門の下で落ち合う。「三定」で天ぷらを食べて仲見世を歩き、浅草観音に詣でて「舟和」でおだんごを食べて別れる、という昔どおり型どおりの浅草めぐり。
 A子は45年前の冬、下北半島に住む野生猿のところに連れていってくれたが、今度はアフリカにいる両手を顔の横に広げて横っ跳びに走る猿を見にいきたいといっている。
 浅草寺境内は観光客でにぎわっていた。A子に、「お正月におみくじをひいたら、仕事運も金運もなく病気は重い、とあってがっかりだったのよ」というと、「revengeすべし!」というので、「どうせなら大吉をひく」と気合いをいれてひくと、みごと大吉が。ゆく末に良いことがある、願望は叶い旅行も良い、病気も治る、とあった。冷静に考えればなんということはないが、どことなくほっとする……。
 このところマイナーなアイルランド小説を読んでいて、片山廣子が「おみくじ」が好きだったということが、なんとなくわかってきた。廣子が好んだアイルランド文学の神秘が、どこか「おみくじ」と似ているのではないか。うまく説明できないが、目に見えないものに心惹かれる「その心」なのではないか、などと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

講演


 梅が満開


 先月「大田文化の森」で講演したのだが、数日後、ケーブルテレビのニュースでその様子が放映され、その部分をDVDにとったものを先週いただいた。自分の姿を客観的にみると、まぁ、なんというか……当たり前だが年相応である。
 聴衆のなかに、高校時代の友人で大田区在住のH子さんと大学時代の友人タムタムの顔がみえた。1時間ほどの講演だったが、不慣れで聞きにくかったのではないかと心配したが、みな「良かった」といってくれる優しい人たちで「良かった」。
 人前で何かを話すことは、かなりエネルギーがいる。それにしても、若い俳優や歌手はすごいなぁと思う。話すだけではなく芝居をしたり歌を歌ったり踊ったりするなんて、良し悪しは別としてそれだけでも偉い。
 「謙譲の美徳」などというものを、幼いころから叩き込まれている私たちの世代は、「謙譲の美徳」を通り越してかなり卑屈になっており(私だけかもしれないが)、人前で自分をアピールすることが苦手な人が結構いるのでは……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

骨折・その2

 かれこれ25年間の付き合いで、旅行にも一緒に出かける友人Bさんは、子どもの小学校時代のPTA仲間だ。2月に予定されている某会合に出席できないので、彼女に頼もうと電話をしたところ、出てこない。数日前にも電話したが、出てこなかった。いったいどうしたのだろう、忙しいのかなと思いつつ、携帯にかけたがやはり出てこない。変だなっと思っているところに携帯が鳴った。
 「もしもし、元気?」「うーん」「何だか元気のない声ね、どうしたの」と聞くと、「今、入院しているの」という。「いったい、なぜ」と聞くと、「転んで膝を骨折したの」という。
 私はしばし絶句した後、「私は右手首の骨折」というと、彼女は驚き、それからふたりで大笑いになった。(笑っている場合ではないのだが)。
 彼女は遊歩道を歩いていて、前から来た人を避けようとして転んだという。転んだら無傷ではすまない年になった、因みに私と彼女は同じ年だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

骨折

 右手首の太い方の骨を骨折した。右手はギブスが嵌っているし一切使えない。これも左手だけで打っている。
 2週間前の木曜日の朝、15日に降った雪が溶けて再び凍った道で転倒した。物凄い勢いで地面に叩きつけられ、その圧力を右手一本で受けとめた結果だった。まず意識朦朧、痛さのあまり目の前が暗くなり呼吸困難に落ち入る。慌ててはいけない、血圧が急激に下がったためだろう、落ち着くように、と自分に言い聞かせる。やっと起き上がり、這うようにして家に戻る。
 最初の3日間は38度前後の熱が続いた。2週間たって、静かにしていれば痛みは治まっているが、右手がまったく使えないという不自由さが身に堪えている。左ばかり使っているので、いまに左腕だけがポパイみたいにモリモリになってしまうのではないか…と心配。それはまぁいいとしても、本当に元通りになるだろうか。またガラスが彫れるようになるだろうか。トカゲのしっぽだって、元通りになるというのは俗説らしいし(元通りになる確率は低いらしい)、どこまで再生するか…と心配。と、心配はつきないが、心配しても仕方のないことは心配しない方が良い。
 今夜は、福島慶子『うちの宿六』というエッセイ集を思い出している。私が中学生の頃、母が読んでいていかにも面白そうだったので、貸してもらって読んだ。筆者の夫(宿六)のことを綴ったエッセイなのだが、庭の池に孫が落ちたら大変と後をついて走りまわっているうちに自分が落ちてしまった、というくだりが面白おかしく書かれていた。  私も全く同様で、雪の日はすべるから絶対に外に出てはいけないと母にも義母にも幾度となく注意しておきながら、自分が転んで骨折してしまうとは…。可笑しいけれど、笑ってもいられない事態だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

偶然とはいうものの…

 半年ぶりに中学時代の友人たちと会った。ブラスバンドの同学年の女子たちでずっと仲良くしてきた。皆、別々の土地に住んでいるので、すぐに集まることはできないが、それでも一年に何回かは会っている。ランチをとりながら楽しくおしゃべりしてそれぞれ小さなお土産を交換して別れる。
 もうだいぶ前だが皆で会い、別れたすぐ後に大きな地震(新潟地震)に見舞われ、私は東京駅で電車が動くまで3時間待たなければならなかった。しばらくの間、地震のことは私たちの話題になっていたが、やがて少しずつ忘れた。  けれども去年の3月11日、三陸沖の大地震の日も、偶然その仲間と一緒にいたのだ。一年に数回しか会わないのに、大きな地震が起きるときはいつもその仲間たちと一緒だなんて本当に不思議だ。毎回、会うのが怖い、今日も地震が来るんじゃないかしら、といいながら会っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧