チップス先生の贈り物

2019年3月12日 (火)

『クマのプーさん展』

DSC_6079

 

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで『クマのプーさん展』を見た。昨年の秋に、ニューヨークの公共図書館でプーさんやその仲間のオリジナルのぬいぐるみを見たので、思い切って出かけたのだ。

プーさんの物語はA・A・ミルンが、息子のクリストファー・ロビンのためにロンドン郊外にあるアッシュダウンの森を舞台に描いた童話だ。

「ここはアッシュダウンの森。嵐に吹き倒された老木や朽ちた葉の上に、霧のような氷雨が舞う。人影のない曲がりくねった小道をたどって行くと、時々静けさを引き裂くように足元から鳥が飛び立っていく。高い枝から落ちた雫が水溜りに波紋を広げ、そこに映った森の木々を不思議な幾何学模様に変えている。ぬかるみに芽を出した水仙を踏み潰さないように、苔むした古い切り株につまづかないように……歩きながらポケットのなかのかじかんだ手を握りしめる。もし空が晴れていれば、プーさんとクリストファー・ロビンがハチに追われて小さな水溜りに飛びこんでくる、そんな場面が容易に想像できただろう」(『チップス先生の贈り物』長井那智子(春風社)より抜粋)

ミルンは、『クマのプーさん』『プー横町にたった家』をはじめ、多くの童話を書き、さらにミステリーなども書いた作家。『くまのプーさん』の原題は『Winnie The Pooh』、日本では石井桃子の訳で有名だ。プーさんのぬいぐるみは、息子の1歳の誕生日にミルンがロンドンのハロッズデパートで買い与えたもの。ウイニーとは、1914年にカナダからロンドン動物園にやってきた黒いくまの名前。クリストファー・ロビンはウイニーが大好きだったという。

会場には、物語にも登場するアッシュダウンの森にある橋、プースティックス・ブリッジを模したものも展示されていた。

 

DSC_6074

 

「道は少し下り坂になり、川に架かった木の橋に出る。ここがプースティックス・ブリッジ。クリストファー・ロビンとプーさんが、橋の川上から木切れを落とし、どちらが速く反対側に流れてくるかを夢中になって競い合った場所だ。四十年前、私も妹と同じ遊びをした思い出がある。私たちが流したのは、春になると野原一面に咲いていたヒメジオンの花だったけれど……」(『チップス先生の贈り物』長井那智子(春風社)より抜粋)

因みに、シェパードの娘、メアリー・シェパードはトラヴァースの小説『メアリー・ポピンズ』シリーズの挿絵を描いたことで知られている。画風はあまり似ていないが、どことなく共通するところもあって興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

『嵐が丘』をもういちど

DSC_3702

『嵐が丘』をもういちど~イギリス文学を面白く再読する~と題してささやかな講演をした。入り口のところで年配の女性に声をかけられた。私も青山学院の卒業生です。今年80歳なんですよ。長年、図書館に勤務していましたが『チップス先生の贈り物』を図書館にいれた時のことをよく覚えています。ちらしで講演のことを読んで、今日をずっと心待ちにしていました……と。私を「先生」と呼んでくださる大先輩に、私は心底恐縮した。
講演はブロンテ姉妹の生い立ちや時代背景、そしてシャーロットの『ジェーン・エア』、エミリーの『嵐が丘』、アンの『アグネス・グレイ』などの作品に関することが中心だったが、他に、私が子どもの頃に感銘を受けた『緑の館』やディケンズの小説、それに3人のノーベル文学賞作家の作品、バーナード・ショーの『ピグマリオン』、エリオットの『キャッツ』、カズオ・イシグロの『日の名残り』を(この3人はそれぞれアイルランド、アメリカ、日本で生まれている)、そして最後に『ヘンリ・ライクロフトの私記』を取り上げた。ひとつひとつの作品について、話したいことがたくさんありすぎて、頭のなかがごちゃごちゃになりそうだったが、やっとそれらを1時間ほどの内容にまとめた。久しぶりに私自身もイギリス小説を再読して、またまた新たな感動を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

男の隠れ家

DSC_3422

 

2007年発行の拙著、『チップス先生の贈り物』(春風社)が男の隠れ家・教養シリーズ・小さな出版社のもっとおもしろい本(2015年12月発行)に掲載された。

表紙をめくり目次を開くと、次のページに大きく写真が載っている(15Pにも)。これは私の初めての本で、図書館協会選定図書に選ばれた思い出深い一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ベストライフ・オンライン

ベストライフ・オンラインが先月で終刊になった。初刊は2000年2月だからちょうど10年だ。ベストライフ・オンラインは奥山融さん(元松竹社長)がご自身の人脈をいかしてスポンサーを募りはじめたものだ。中高年向きのインターネット雑誌としては最も老舗のひとつだったのではないだろうか。昨年秋奥山さんが亡くなり、ちょうど10周年で終刊となった。
私は2001年の2月から2009年の7月まで文学エッセイを連載した。ロンドンで5年間綴った60編のエッセイが『チップス先生の贈り物』という本になり、図書館協会選定図書に選ばれた。その後エッセイがご縁で『わしといたずらキルディーン』の翻訳本も出版した。私にとって、すべてのはじまりはベストライフ・オンラインにあったともいえる。長い間暖かく見守って下さった奥山さん、奥山さんを紹介して下さった父の友人Mさんに心から感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)